ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

異世界の島の物語


サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー          ・・・60歳  サウザンド・アイランド連邦国
                       科学技術省総裁
メラニー             ・・・33歳   科学者
長老               ・・・??    ???
レゼンダ             ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ              ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス             ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

ナイト               ・・・???  キングの配下のゲームマスター
                            オーディーンのナイト

キング               ・・・40歳   リドル帝国次期総帥
                             仮想無限城の王

クイーン              ・・・???  ゲームマスター
                             予知夢の能力者  
       
ディラルド・ジェイントン博士      ・・・???  超遺伝子科学者 エリックの父



第百三十話 「 不思議空間?  」


エリックとリリア、それにカネムラは、ワインバーガーの研究室に通いながら
アンドロイド・グランドクロスらと交流をするようにワインバーガーに言われた。
ほぼ、それは命令に近く、特にリリアにはリフが常に張り付いていた。
メラニーはそのことに不安を感じているとワインバーガーには伝えたが、リリアや
エリックには、不安自体がないと思って、何も言わなかった。

戦闘があってから数日後。
リフとリリアが訓練と称してカードゲームを始めた時、エリックはカネムラと
ゲームをしたいと言った。

「え?リリア達とゲームすれば?」
「ぼくは、カネムラとゲームしたいんだ~~~!」
リリアは笑いながら言った。
「リフはゲームの初心者だから、よ。
カネムラさん、お願いね。」

エリックがゲームを始めると、いきなりPCから声が響いてきた。

「わ~~~~~~!!ずるいずるいっ!!
エリックううう~~~~!!あたしとゲームするって約束だよおお~~~!!」
顔文字がぐるぐる動いている。
「いいよ、カネムラの方についたらさ、ぼくと戦えるよ~~~!」

ひょこっ!!
れぜんだちゃんがPCから飛び出してきた。
カネムラが驚きながらも聞いた。
「前から思ってたんだけど、れぜんだちゃんってどうしてゲームの外へ
出てこれるようになった?」
「ええええっ??
何いまさらあ??
だって、あのゲームでみいんなげんじつに出てこれるようになったじゃん!!」
「いやいやそれは、ゲームが終わったら終わり、じゃないの??」
「ええええええ~~~~~??

こいつ、あたしのことデスってるのおおおお???
やだやだっ!!
あたし、ここにいるじゃん!!」
「いるんだよなあ・・・だから悩んでいるんだけど」
「いいからさあ、ゲームしようよっ!れぜんだちゃん、空中戦、負けないからねっ!」
「はっは~~~ん!!にせろぼっちなんかに負けるわけないじゃん!!

こい、ろぼっち!!!」
ろぼっちのカードがエリックの陣営に攻撃を始めた。
エリックはそれに対抗するように同じくろぼっちのカードを出した。

リフはカードの意味とゲームの方法に戸惑いながらも、すぐにカードの組み立てを
始めた。
リリアもカネムラと同じことを考えていたと言った。
「そうなのよね、だってキングが関わったゲームから、こんなおかしなことが
起こるようになったわけだから。」
「だってキングはゲームを創ったんだもん、当たり前でしょ!
いっけえ~~~~~!!ろぼっちあたっく~~~~!!」

エリックはむずむずしながら言った。
「ぼく、あのサウザンドアイランドでまたゲームがしたいな!」

その言葉にカネムラはぎょっとした。
「ま、まて。
そういうことを口にだしたら・・・」
「だってさ、本物の恐竜とかでてきたんだよ!
凄かったんだ、みんなもみたよね?」
「そーーーーだ!!
エリック、ここにアイランド出したらいいよお!!」

その言葉に今度はリリアが反応した。
「れぜんだ、それはできないのよ!」
「どーーーーーーしてえ?」
「だってこの敷地は・・・」


ズドドドドドドドドドーーーーーーーーーーーーーーーーン!!

ギャアアアアアアーーーーーーーーース!!!

「あれは、翼竜ですね。」
リフはカードを出しながら言った。
「恐竜って、10万年前くらいでしたっけ、この星にいたのは。」


全員が、真っ青な顔で、窓へと駆け寄った。
「えっ

エリック??????

やめろよ、何の冗談だよっ!!」

「あれえええ??

そっか、ぼくゲームで恐竜を出そうと思ったんだった。」

リリアが困ったわと言った。
ワインバーガーから電話が入った。

「はい、そうです。
エリックがゲームしていて、恐竜のことを考えてました。
・・・すみません、では恐竜をハンティングします。」
ピッ・・・

「さあ、現実の恐竜をハンティングできるわよ。
リフ、データを仲間に送ってね。
さ、みんな、行きましょう。」
「あ、あのう・・・俺は?」
「カネムラ~~~~~!!ろぼっちに乗ろうよ~~~~!!」
「嫌だ、俺は行かないぞ!!」
カネムラは椅子にしがみついた。
「なあんだああああ~~~~~!!案外怖がりなのね~~~~~~!!」
「れぜんだあ~~~~!怖いもの知らずの君にだけは!言われたくないぞっ!」

リリアはリフに言った。
「ハンティングは、現実の戦闘モードでね。
今回の翼竜、力は、最上級クラスに設定ね。」
「OK、リリア。」

「ろぼっち~~~~~~!!さあ、恐竜と戦うよ~~~~~!!」
「そっちのろぼっちは、二番目なんだからっ!
そっちはろぼっちつーってことで!!」
「じゃあ、ツーだけでいいや。
ツー、いくぞ~~~~!!」

ひゅーーーーーーーん!!!

ギャーーーーーーーーーー!!

翼竜はエリックを待っていた。
そして、エリックの前で背中を見せて、れぜんだやリリアに対して
威嚇するように大きく鳴いた。

「ええっ??何よ~~~~?エリックのカードだからってことおおお??」
「あ、そうか!!」
エリックは嬉しそうに笑った。
「じゃあさあ、エリックと恐竜を倒せばいいんだね~~~~!!

よおしっ!!ろぼっち、攻撃開始~~~~~~!!」

「じゃ、リフ、こっちは研究所の屋上から狙撃しましょう!」

リリアとリフは外の階段から屋上へと駆け上がって攻撃を始めた。

ワインバーガーとメラニーはその不思議な光景を観ながら、記録を取る様に
研究員にてきぱきと指示を出していた。
「リアル・恐竜ハンティングですね。」
「まあ、エリックの能力ということで、国の上層部には伝えておく。
それにしても、はでな映画用パフォーマンスにしか見えないな。
それもゲームそのもの、のだ。」
「ええ。
一般の方々には3D映像ですと流してもらいましょう。」
「ここの広大な敷地が初めて役に立ったな。」
「そうですね。」


・・・・・・・・・キングの研究施設・・・・・・・・・・

キングはイムズに今度はゲームの中に将軍として参戦して欲しいと言った。
「さっきは仲間達がいたので言えなかったが、実際の戦闘能力の高さや
特殊能力である異次元移動は、今度私が構築するゲーム空間で必要不可欠
なんだ。
イムズ将軍、それにマドックス。
2人をゲームマスターとして招待したいが、いかがだろうか?」

イムズはゲームのことはわからないが、キングが新ゲームを創ると聞いて
興味を示した。
「もしかして・・・アンドロイドが活躍する世界のゲームですか?」
「・・・それについては、後ほど話すが。」
「わかりました。
私は参加させていただきます。」
「私も喜んで!」


・・・・・・・・再びワインバーガーの研究所敷地・・・・・・・・

「うわあっ!!みんな強いなあ!!
翼竜、頑張れ~~~~~~!!」

「エリック~~~~~!!
ろぼっちの操縦へぼへぼ~~~~~~!!
いえ~~~~~いっ!!ぱんちぱんちぱんちいいいい~~~~!!」
「へぼじゃないやっ!!えいっ!!」

「リフ、機関銃は出せる?」
「はい、今コピーします。」
「わああああ!!翼竜逃げて~~~~!!」


メラニーはカメラで何枚もの写真を写しながら言った。
「ワインバーガー氏。





その機関銃は、何ですか?」
「え?


特に、意味はないが。」
「それじゃあそのヘルメットもおとり下さい。」
「もしかしてあの翼竜がこちらに来るかもしれないからね。」
「きません。」
「ゲームじゃないんだから。」
「いよいよとなったら、ゲームを止めさせてください。」
「大事なデータが取れなくなる。」
「真面目な顔でおっしゃらないでください。」
メラニーの怖い顔にワインバーガーは渋々機関銃を置いた。
「お願いしますよ。」


・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・
(このお話は フィクションです。)



[PR]
by f-as-hearts | 2017-02-12 01:57 | SFサウザンドアイランド
異世界の島の物語


サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー          ・・・60歳  サウザンド・アイランド連邦国
                       科学技術省総裁
メラニー             ・・・33歳   科学者
長老               ・・・??    ???
レゼンダ             ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ              ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス             ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

ナイト               ・・・???  キングの配下のゲームマスター
                            オーディーンのナイト

キング               ・・・40歳   リドル帝国次期総帥
                             仮想無限城の王

クイーン              ・・・???  ゲームマスター
                             予知夢の能力者  
       
ディラルド・ジェイントン博士      ・・・???  超遺伝子科学者 エリックの父



第百二十九話 「 ゲームマスター達の会議  」


レゼンダ、そしてイムズ、マドックス、ナイトらが、孤島でのゲーム以来久しぶりに
キングの元へと専用機で集結した。
皆は案内されるまま、キングの塔から車で15分程のところにある研究施設の地下へと
導かれていった。

その施設の地下は、仮想空間を生み出すことができるだけの広さを備えていた。
キングは今回、そこにゲームの中世の城の中のように重厚な空間を創り出していた。

テーブルに座ったキングは、まずクイーンの救出の為に皆が尽力してくれたことに感謝を述べた。
現在のクイーンの状況と、エリックの父がクイーンの意識を覚ましてくれるだろうと言う
研究経過を見せた。

イムズはキングが何を考えているのか、テレパシーがブロックされていてわからないと
マドックスに頭の中で話した。
(確かに。何故私達とまで情報を共有しないんでしょう?)
(そうだな、そこに興味がある。)

キングはそれらの声が聴こえないふりをしながら、本題に入ると言った。

「エリックをゲームのマスターに加えるという試みは、見事に成功した。
この件については、エリックの能力を確かめた君達には、今更言うまでも無いこと
だと思う。
それを指示した私も、実はクイーンを探すという目的から始まったことであり
その為にイムズ将軍と兵士マドックスにも動いてもらっていた。

クイーンが何故エリックに固執していたのかは、エリックの父親が、クイーンの
いたサウザンドアイランドで、遺伝子研究をしていたことと関係していた。
我々の国、リドル帝国の過去の研究施設であり、今は禁断の地となったサウザンドアイランド
には、クイーンが精神を移していた大鷲がいた。
クイーンのゲームの舞台となったのが、そのサウザンドアイランドだとわかり、イムズ達には
その大鷲の捕獲を頼んだのだ。

レゼンダ、そしてナイトには、ゲームの中のエリックを、外に出さないように興味を
繋げる為の努力をしてもらった。
それによって、エリックはサウザンドアイランドというのが、実際にあった島だということまで
理解できた。

・・・クイーンは遺伝子レベルの治療によって、根治することになるだろう。
クイーンの予知夢の能力が、そう告げている。

それらを踏まえた上で、我々の計画の話に移るが、ここまでで何か質問はあるかな?」


ナイトは目を閉じて腕組みしている。
イムズもマドックスも特にないというように返事をしなかった。
レゼンダが手をあげると、言った。

「キング、クイーンのゲームは終了していますよね?
何故、れぜんだやおばけ達、ゲームキャラが、現実世界で行動しているのですか?
おかしいじゃないですか、ゲームから外へと出てしまうなんて!理解できません!」

キングは頷いた。
「そうだな。
それが、エリックの特殊能力なんだろうと思う。

クイーンは、最後のゲームで、エリックの側についた。
それが何故だかわかるか?
クイーンは、エリックを勝たせたかったんだ。」

これにはナイトが椅子を蹴って立ち上がった。
「その話ですが、私もそれは納得できませんでした!
クイーンもキングと共に、エリックを倒すことであいつを従えることが出来たのでは?」

キングはあくまでも冷静だった。
「そう思うか?
クイーンは、あのサウザンドアイランドを自由にできる権利を、エリックに
与えたかったんだよ。」

レゼンダは驚いて、自分のカードを見つめた。
「それってつまり・・・

あの島ごと、エリックにコピーさせたかったっていう事ですか??」

キングの瞳は灰色の海のように見えた。

「・・・私も、途中から気がついた。

我々が勝っても、エリックは我々と動くことはしないだろう。

フール・・・愚者のカードは
世界のカードに勝って初めて、自分の望みは何かを考えるだろう。

そうして、それが・・・」

キングは椅子から立ち上がると、目の前に立体映像を浮かび上がらせた。

「・・・アンドロイド・グランドクロスに繋がるんだ。」


イムズはその意味を理解しようとしたが、どうしてもグランドクロスがただのロボットにしか
思えず、首を振って、言った。

「キング、あの5原則もですが、あれほどガチガチに規則ずくめのロボットと、エリックが
結びつくとは、どうしても思えませんが。」
「それについて、君達との連携が必要になるのだ。

クイーンは今は治療中で予知夢は期待できない。

リリアとエリック、そしてアンドロイドグランドクロスを結ぶものを、見つけて欲しい。
あのアンドロイドが、脅威となるかどうかは、君達の調査ではっきりすることだろう。」

イムズとマドックスはテレパスで話し合った。
(つまり、アンドロイドはエリックを攻略すれば仲間になるって意味ですか?)
(まさか、な??だがエリックはキングやクイーンが創り出したゲームに夢中だ。
だからあのキャラクターどもが、どんどん世界に広がったわけだしな。)
(確かに。ははあ、キングがテレパスをシャットアウトしたのも、俺達が感じたことに
口出ししないっていうことなのかも?)
(それはあるな。だがな、あのエリックを通じてアンドロイドを仲間にするなんてのは・・・)
(やっぱ、アレですかね。)
(はあ??アレってなんだよ?はっきり頭ン中で言えよ!!)
(いやあ、間違ってたら恥ずかしいじゃないですか~~~!!)

(それよりな、レゼンダがかなり怒ってるんだが。)
(・・・ほんとですね、ははあ、よっぽどれぜんだちゃんが気に食わないんですね!)

「あの~~~~!!キングお願いがあります。

あのれぜんだちゃんとかいうふざけたキャラ、消していただけないでしょうか!!!」

キングは答えなかった。

「だって、あんなの、もう出番はないでしょう?
私が出て行けばいいんですから!キング、創始者の貴方にお願い致します!!
ろぼっちもおばけも、どうしても私には理解できないんですけど!!」

イムズが、レゼンダの傍に立って、肩を叩きながら言った。

「あのなあ。

おまえ、創始者ってのは俺らにはわからない次元の物語を視ているんだよ。
れぜんだちゃんも、キングの役に立ってただろうが。
そろそろわかってもいい頃だと思うがな。」
「いやよ。
わかりたくないわ!
でもそうね・・・エリックとゲームでアンドロイドを賭けて闘ってもいいわよ!
勝った方が、アンドロイドを自由にできる権利を持つのよ。
それなら私の主義にあうから。
いいでしょう、キング?」

ナイトが唸った。
「それはつまり・・・エリックにアンドロイドをコピーさせて・・・
という戦法か?出来るのか?」
「やってみなければわからないわ!」

キングはうなずいた。
「今回は、君達の自由を尊重しよう。
では詳しい計画を後で送ってくれ。

イムズとマドックスはこのまま残って欲しい。
それでは、2人は後ほどゲームで逢おう。」



レゼンダはナイトと話し合いながら研究室を出て行った。
イムズはキングがとても疲れているのが気になった。

部屋のテーブルのキャンドルスタンドの火が静かに燃えている。
2人は急に静かになったことで、緊張が高まるのを感じていた。

キングは2人にあのアンドロイド達の性能や戦略のことなどを聞いた。
そして、キングは自分の考えを述べた。

「あのアンドロイド・グランドクロスの意味を考えていた。
それについて、君達の意見を聞きたい。」


・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです。)


[PR]
by f-as-hearts | 2017-02-06 00:53 | SFサウザンドアイランド