ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

異世界の島の物語。


サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

ナイト                ・・・???  キングの配下のゲームマスター
                            オーディーンのナイト

キング                ・・・40歳   リドル帝国次期総帥
                             仮想無限城の王

クイーン               ・・・???  ゲームマスター
                             予知夢の能力者         


第八十話 「  キングの軍  」

れぜんだちゃんは がしゃんがしゃんと駆け出したが、どうも膝のネジが緩んできたのか
こけそうな感じである。・・・ろぼっちが、ね。

「きんぐ~~~~~~!!私がえりっくをやっつけるんだからっ!!
まだ手だすなよ~~~~~!!だめだからね~~~~~~!!!」


レゼンダ、頭を抱えて叫んだ。
「ななななっ!!!キング様にむかってなに言ってるのよ!!この馬鹿娘~~~!!!」
「さすがれぜんだちゃん。」
「もう録画を止めて!!!!」
「いえいえ。これも貴重なキング様の戦闘場面でございますから。」
「と・め・な・さ・い~~~~~~~~~!!!」
「くひに ゆひを  いれにゃいれくれさい~~~~!!」
「えええいっ!!!電源をっっ!!」
「おやへくらさひ、ぱそほおはこはれはす~~~~!!」
「ううっ!!!壊れると見れない~~~~~~!!!!」

「えー・・・今度このようなことをされましたら、キング様に訴え・・・

ひゃああっははははははは!!!!や、やめてくだ・・・・・っ!!!!
くすぐるのっっ!!!!ひきょう ひ!!ひいいいいいいい!!!」
「はあっはあっ!!!!!




キング~~~~~~~~~!!!もう、瞬殺でお願いっっ!!!」




「・・・・・・・・・・無理だな。

 レゼンダ、そなたはそこで見ていなさい。

それでは、エリック。

クイーン戦と戦い方は同じだ。

クイーンと同じように、私も私の全霊をもって戦おう。

どれだけの戦闘力を駆使してもよい。

マジック、マジックガール。君達の力も、上がっているようだな。

では、私の軍を呼ぼう。」


キングは仮面の下の目でエリックを見つめた。
キングの姿は、塔の上の強い風に煽られて広がるマントの影で不思議な
威厳と王者の風格が漂っていた。マントの下のスーツは襟章や勲章が
ついていて、軍服のようだった。

「あの軍服、どこかで・・・?」サカマキが言った。「どこの国だったろう・・・」


キングが手を上げて、大きな声で言った。

「 いでよ、わが モンスター!! 


    竜族の王、バハムート!

    地上の覇者、ベヒーモス!

    海の覇王、リバイアサン!

 空と 地と 海を 支配せし ものどもよ!!

 あの、愚者の子を 叩き潰すのだ!!」


地上に激震が走り、空は黒雲に覆われて稲妻が光り、海からは巨大な竜巻が起こった。

「  凄い!!! 見て、あれがーーー」

エリックは興奮のあまり、叫んだ。

「 キングの、モンスターなんだ!!!」

巨大な3つの影が、空と地上と海から現れた。

皆が、あっけにとられて見上げた。

「なんと!!! わたくしも、キング最強のモンスターが 3体も揃うのを
見るのは、初めてです!!!」 マジックが言った。

「なんと、壮観な!! 武者震いいたしますね!!」
「どれだけの魔法力??キングの本気って、どこまで凄いのっ!!」
マジックガールも、杖を握り締めている。
「なんか、なんか!!やってやろうじゃないっ!!!こうなったら
命がけでいくからっ!!!ねっ!!師匠!!!」

エリックは、嵐のようなステージで笑った。

「凄い!!僕も、おもいっきりやるねっ!!!

それじゃあ、飛行要塞召喚、キングエリック号発進!!

それにアンドロイド・リリア、フルメタルバージョンで乗り込んで操縦!!

それから、太陽神召喚!!

マジック、マジックガールと一緒に、魔法で戦ってね!!」


エリックの陣営の頭上に、巨大な飛行要塞が現れた。それは、ロボットにも
変形可能な、いつか観た光る要塞だ。アンドロイド・リリアのカードからも
メタル化したリリアが、機銃などをフル装備で現れると、飛行要塞の中へと
入っていった。
太陽神は、前に見たままの姿で、マジック達の傍に現れると、その竪琴を
鳴らした。

「我々も、負けてはいませんよ。そうでしょう?エリック。」太陽神は静かに
言った。
「なにしろ、貴方は 不死の者どもからも、信頼されているのですから。」

「うんっ!!!おばけ達は、ちょっと休んでいてもらうんだ!!

僕、負ける気がしないんだよ~~~!!みててね、おばけ!!」




「エクセレント!素晴らしい戦いになりそうですね!」
「エクセレント、どころじゃないわ!!!


これ、この3体って、神話なのよ?!
1体ずつならわかるけど、3体全部って・・・

一体どうなるの???

キング、エリックごときに何故???何故、こんな布陣を???

これじゃ世界が崩壊するわ!!!

キング~~~~~~~!!!!!」

レゼンダの言う通りだった。

だがキングの目は、冷静だったのである。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は、フィクションです。)
[PR]
by f-as-hearts | 2014-12-25 00:00 | SFサウザンドアイランド
異世界の島の物語。


サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

ナイト                ・・・???  キングの配下のゲームマスター
                            オーディーンのナイト

キング                ・・・40歳   リドル帝国次期総帥
                             仮想無限城の王

クイーン               ・・・???  ゲームマスター
                             予知夢の能力者         


第七十九話 「  クイーン と キング   」


クイーンが水平線に消え、れぜんだちゃんとろぼっちはやる気満々でウロボロスが
動いて平らになった地上を、がしゃんがしゃんと歩いてきた。

「どういうことでしょう?リリア、この場所はクイーンが創ったゲーム空間なんですよね?」
「確かに、現実とは思えないんですけど、でも・・・」リリアが戸惑いながら言った。
「私は、何かを見落としているのかしら・・・」

―――リリア、この場所は現実の孤島なんだ。それでそこにさっきの
ゲーム空間を創り出していたようだけど。―――

「PC、そこまではわかるの。でも、それならゲームマスターが負けを認めたら
この空間は閉じるはずでしょう?」
「つまり・・・まだゲームは終わっていない?」サカマキはそういうと、エリックの顔を見た。
エリックはマジック達と、れぜんだちゃんについて話をしていた。
「そうなんですよね??何故れぜんだちゃんは動いているんでしょう??」
カネムラも納得がいかないように言った。

リリアは、クィーンの最初の言葉をPCから呼び出して見ていた。

「 新参の 愚者よ。

我は クィーン。

我は この絶海の楽園にある 千年城に そなたを 招待する。

ここが 我々にとっての 最後の楽園となるか それとも

最初の楽園 となるか ・・・・

そなたと 逢えるのを 愉しみに している 」


リリアがつぶやいた。

「ここが 我々にとっての 最後の楽園となるか それとも



・・・最初の楽園 となるか・・・ ??

これって、どういう意味なの?」




同時刻。

キングはリリアが読み上げたメールの言葉に、大きく頭を仰け反らせると
言った。

「! クイーンの、言っている意味が、わかった!!」

キングは自家用飛行機の中から急いでイムズに電話をした。

「島の場所はわかったんだな? 時間がかかってもいい。必ずそこに
行ってくれ。 クイーンはそこにいる。」

イムズは船に乗っていたが、まだ島へは10時間はかかると言った。
キングはそれでいいと言った。

「キングがクイーンのことを見つけたらしい。マドックス、やっとなんだか
幽霊の正体がわかったみたいだぞ。」




キングは、自分のカードを出した。

「 クイーンが見つけた道だ。


 エリック、君にはわかるだろう。」


キングの目が、絶海の孤島へと入っていった。



がしゃん がしゃん がしゃん

「さあこい~~~~~~!!えりっく~~~~~~!!勝負だあああああ!!!」


突然、空から声が降ってきた。

「・・・勇ましいな。 れぜんだ。   だが、私の元で、戦うのだ。

 これからは 」


キングのカードが現れると、煌きながら回転した。

次の瞬間、カードは扉のように開いて消え、キングが長く重いマントに包まれて
離れた塔の上に立っていた。


「  エリック。  


  待たせたな。   私が、キングだ。


  ・・・今度こそ おまえは、私の世界の駒になる。

          全力でくるがいい。  」






「キング様が参戦なさいました。」
「見ればわかるわ!どういうこと???」
「見ればわかるのではないのですか?」
「見ればわかるから、だから変なんじゃない!!」
「そうですか。何が変なのでしょう?」
「クイーンが負けを認めたのに、このステージは変わらないのよ??
その上・・・その上、キングがそのままここにいるって・・・


どういうこと????」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2014-12-24 00:00 | SFサウザンドアイランド
STaD Winterイベントにご来場頂きました皆様ありがとうございました!

14日日曜日、10時より16時まで、晴天とはいえ一段と寒さが増した暮れの休日に

わざわざ足をお運びいただきました皆様、ありがとうございました。

この日はまた、総選挙の日ということもあって、本当にご来店してくださるだけでも

感謝!の一日でした。

おかげ様で、占いのお客様も途切れることなく、またカフェのランチも完売だったそうです。

ワークショップでは、アーティストのみつみみうさぎさんがクリスマスの小物を沢山、参加者

の皆さんと作られていて、それもとても素敵でした。

スタッフの皆様手作りのケーキもカフェでメニューに加えられていて、クリスマスムードと

お世話になった懐かしい皆様にもお会いできたことで、とても嬉しい一日でした。


カフェでは来年度から、イベントを開くことになるようです。

またご報告させていただきます。 

今回来られなかった皆様も、是非来ていただけたらと思います。

ありがとうございました。(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)
[PR]
by f-as-hearts | 2014-12-16 22:07 | 占いの話 | Comments(0)
一部、内容の変更がございます。

*占いはご予約ではなく、当日の先着順となりました。
宜しくお願い致します。

いつもお世話になっています高千穂ネットワーク様ですが

12月1日から新たにSTaD Cafe が二階にオープンいたしました。

詳しくはすたっと の中の

記事11/27 「STaD」2014年12・2015年1月号が発行! でもご覧いただけます。

そしてそのカフェで私も占いのイベントで参加させていただくのが

STad Winterイベントです。

手作りアート作家みつみみうさぎさんによるワークショップ(要予約)や

作品の販売、また私のタロット占いコーナーなどございます。

カフェではランチ、スイーツなどもございます。

どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。




   ワークショップ

(コルクのサンタクロースとまつぼっくりのツリーを作ろう)

時間   14:00~15:30

ご持参いただくもの エプロン

体験料  900円

定員(ワークショップ) 先着7名

カフェ直通電話 043-486-1101 (10:00~16:00 *火・水曜日定休)


   タロット占い

占い料   イベント特別料金  1000円 (20分)

*占い、予約の受付はしないということで、当日先着順となりました。



場所は 佐倉市田町74-1(高千穂ネットワーク2階/歴博交差点近く)
[PR]
by f-as-hearts | 2014-12-04 15:44 | 占いの話 | Comments(0)