ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

ナイト                ・・・???  キングの配下のゲームマスター
                            オーディーンのナイト

キング                ・・・40歳   リドル帝国次期総帥
                             仮想無限城の王

クイーン               ・・・???  ゲームマスター
                             予知夢の能力者         




第七十四話 「 暴走の果ては はて? 」


れぜんだちゃんの暴走は、どうやらクイーンにとっても意外性に満ちているようだ。

「どけどけ~~~~~~~~!!!ろぼっちがエリックを倒すのだ~~~~!!」

ろぼっちというロボットは、がっしゃんがっしゃんと恐竜とメタル昆虫が戦っているところまで
やって来た。

メタル昆虫キングカブトムシ1号が、その足元をすり抜けようとしたのを、ろぼっちは踏み潰そうと
足を上げた。

「ろぼっちビッグフット攻撃!!」

「・・・いやいやいや!!踏み潰そうとしてるだけだよね??」
「おまけに全然当たってない。」

サカマキとカネムラ、男性陣はロボットに不満があるらしい。
リリアはまるで興味がないらしい。

「ろぼっちメガトンきっく~~~~~!!」

「まるでジャンプしてないよね??」
「あれの性能は一体どうなっているんだろう。」
ふたりは真剣だった。





ジト目のレゼンダは言った。
「アレ、ひっくり返ったら終わりよね。誰かひっくり返してくれないかしら。」
「なかなか愛らしい動きをしていますが。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛らしい?????




執事。

愛らしいっていうのは、愛らしい!!ものに対して言うべきだと思うわ。」
「がしゃんがしゃんという動きは、今では愛らしい部類ではないかと。」

「・・・・・・・・・ごめんなさい。

基準が、そもそも違うということに、気がついたわ。」

「そうです。元来、ロボット文化というものは、人間の動きを工学的に研究
して出来た訳ですから。あのような動きを見ていると、こどものよちよち歩き
のように大人は感じる訳ですね。」

「・・・・・・・・・ご高説、ありがとう。



でも、私は乗っている人間が~~~~~~~~!!!!」

「中の人はこの際、気にされない方が良いと思いますが。」
「出たわ、気にするなの一点張り。」
「ロボットの性能に着目しましょう。」
「うっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何にも着目出来ないんですけど。」
「ひとつ、試してみてはいかがでしょうか?」
「何を????」

ひそひそひそ・・・・

「・・・わかったわよ・・・




れぜんだちゃん?

聴こえてたら、手を振ってみてくれる?」


れぜんだちゃんはぶんぶん手を振った。

「そう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それじゃ、ろぼっちの性能のことだけど。





・・・え?わからない??

だから、何か特別な攻撃は出来るのっていう意味よ!!」


れぜんだちゃんはパンチとキックの真似をした。
そして手でボンッと爆発する真似をしてみせた。

「それじゃあ今までの攻撃だけじゃないっ!!!!

それじゃなくてっ!!!

エリックに勝てる攻撃は?!」

両手を広げて手のひらを上向き、ひじをちょっと曲げ、そして首を斜め15度程傾けた。


「なんのことかさっぱり?と言っていますね。」

「執事。

ジェスチャーでどうしてそこまでわかるのっっっ!!!!!!!!」

「ええ。ロボットですし。」
「れぜんだだからあれはっっ!!!!!!」
「ええお気に入りなので。」





エリックがげらげら大笑いしていた。

「うわああ~~~~~~~~~!!!!面白い~~~~~!!!

ろぼっちってさあ、あの動きってなんだろう?!

面白いよね~~~~~~!!!




お化け、あれさあ、仲間に出来ないかな?」



お化けはびっくりして、あごが落ちた。

「えりっく・・・

ほんと おまえって おもしろいよ・・・

あれは あれだぞ  えぜんだちゃん だぞ・・・

・・・いいのか あんなので????」

「うんっ!!!!!!

一度、あんなロボットと一緒に戦ってみたかったんだ~~~~~!!!」


「まじか・・・・・・・・まじでか・・・・・・・・・

ほんとに するのか・・・・・・



・・・・・おれって ふこう・・・・・」


ひゅ~~~~~~~~~~~ん!!!!!



ろぼっちの中におばけが入っていった。

「やめれ~~~~~~~~!!!!ばかおばけ~~~~~~~~!!!

きゃ~~~~~~~~~~~~~!!!」




・・・・しーん・・・・







「 えりっく・・・・・・・


あのな もうだいじょうぶだぞ・・・・・・・・・

で・・・・・・・    どうするの?




   これ??」





レゼンダはそのなりゆきに石になった。

「レゼンダ様。

とても興味深い研究材料ですが、非常に先の展開が見えませんね。
できれば石化はしないでいた方がお得ではないかと思います。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は先は見えませんが、 当然フィクションです。)
[PR]
by f-as-hearts | 2014-10-31 00:00 | SFサウザンドアイランド
いつも拙ブログをご覧頂き、まことにありがとうございます。

小説、「サウザンド アイランド」ですが、73話まで編纂を終えましたので
公開させていただきます。大変おまたせして申し訳ございませんでした。

新しい話も近々更新させていただきます。

ではまた・・・・
[PR]
by f-as-hearts | 2014-10-24 01:17 | お知らせ
いつだって 答えがひとつしかない 未来なんてない

人は 分岐点を沢山作ることができる

それは物語のようなもの




ただ 最近は

皆 より正しい そして大多数がよいと思う方向へと

選びやすく 進みやすくなっているようだ

それは以前から言われていたが 

ヒットするものを数で表すことが容易になったからであり

数という わかりやすい比較指数が

全てにおいて 経済も国も 世界さえも

説得する事ができるからだろう


さて

ここからは少々頭を使いたい。


豊かさの指数というものが世界の基準であるかのように言われ始めたが

ここには実は矛盾がある。

結論から言うと、子供の人数である。


豊かな国々の一夫婦の子供の数は、貧困に悩む国よりも少ない。

それは勿論議論され尽くした感があるが、古来より繁栄している文明では

子供の数は比較にならないくらい多い。

そしてそれは世界中どの文明でも言われていることであり、上流階級の

人々であればあるほど、子供が多く、繁栄を長く継承させようとしたとわかる。

現在では、それらは個々の人生の自由であり、上流階級であるほど自由を

謳っている。その階級世界の女性達は子供を産むということすら、自由を奪われる

という感覚で、まるっきり子供が多いことに喜びを感じないようだ。


ではどのような理由がそのような逆転世界を作り上げたか。

ひとえに子育てが外からみて大変なことであり、親の責任の重大さが強調されて

いるからだろうと思う。

ひとりの子供を育て上げるのに、どこまでが親の責任で、また親の権利なのか。

それが高度高学歴社会の大きな問題点であり、またその恩恵によくする人々の

直面する現実だ。

そうして守った筈の人生の自由は、未来、再び子供の自由という壁の前で新たな

現実となる。

つまりこうして、子供達は親になることの大変さを見て育ち、自分達が親となることが

大変なことなのだと思うということ・・・

・・・それが外からみた子育て、若い人々が現実として

受け止めなければならないように重いものになっている、という意味だ。



豊かな国とされる世界で、一体何が起こっているのか。


互いの権利や自由が、ぶつかり合って主張し続けている。

高学歴、教養の高い人々に望む事は、子育ての大変さを強調することではなく

子育ては自然なことであり、決して雑音でも騒音でもないと受け止めていくこと。


そうでなければ

こどもの声のしない世界がやってくる。
[PR]
by f-as-hearts | 2014-10-18 21:34 | 徒然
誰もが 自分の言葉を持っている

でもそれが 自分達の遥か遠い 祖先達からの

連綿と続く遺伝子の声であることも

心の中に 感じて生きていくのだ



互いは違うと

近づけば思い 離れれば逆に 同じところを見るような

どうしてそこまで気になるのかが

本当は 大切なのだ



国々の中を

違う言葉が行き来する

ネットの中を

仲間の間を

友人

家族


最初に 自我があるのだ

だからそれを上手く伝えられたら

親は こどもに

こどもは 親に

一緒にいてねと言えるような



ここにいて



それが最初の言葉なのかもしれない・・・


人としての
[PR]
by f-as-hearts | 2014-10-11 02:12 | 詩 ・ 散文