ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

ナイト                ・・・???  キングの配下のゲームマスター
                            オーディーンのナイト

キング                ・・・40歳   リドル帝国次期総帥
                             仮想無限城の王

クィーン               ・・・???  ゲームマスター
                             予知夢の能力者         




第六十七話 「  クィーンのゲーム  」


クィーンはシェヘラザードを名乗るだけあって、縁取りが金色の紅い薄絹を
ベールのように纏い、全体にシャラシャラ音が鳴る金の丸い飾りと、同じ
金で出来た腕輪やイヤリングをつけて、こっちを見ていた。

「クィーンは一体いくつなの?エリック、歳を聞いてみて!」
リリアの声に、エリックは笑った。

「ええ??クィーンてさ、ほんとに若いの?」

「うふふ、14歳よ。」
「うそだあ!」
「うふふっ!!リリア、貴女の声も聴こえてるわ。

ここでは年齢を気にすることもないわ。そんな場所ではないもの。」

クィーンはそう言うと、腕を伸ばした。
薄い色ながらつやつやしてふっくらした唇が、おかしそうに笑っている。
伸ばした手の先に、鷲のくちばしが触れたが、まるで命令がなければ
動かない人形のように、鷲はじっとしていた。

レゼンダがはっとして、言った。

「キングに電話をっ!!」

「はい。かしこまりました。」

執事が電話をレゼンダに渡した。

「キングです。」
「ありがと。


キング、大変です!!

クィーンが、ゲームに現れました!」


「・・・・・・・?!すぐにこちらでも確認する。

レゼンダ、そのゲーム、始めてどれくらい時間が経っている?」

キングは自家用飛行機の中で、PCを開いて確認していた。

「はい。 かれこれ1時間くらいでしょうか。」

「・・・・・・・・わかった。

君はそこで状況を監視していてくれ。
何かあれば・・・・ゲームに参加するように。
ただし、クィーンの邪魔はするな。

いいな。」

「はい。」

電話は切れた。



イムズの電話が鳴った。
キングの声が聞こえてきた。

「イムズ。

クィーンがエリックとのゲームを始めた。
ゲーム内の場所が、調べている場所だろうと特定できる。
私がPCで捜索してみる。

それを手がかりに、君達はその孤島へ急いでくれ!」

イムズは電話が切れた後、マドックスにテレパシーで言った。

「聞こえてたよな?そっちもPCの情報をリンクしておいてくれ。

・・・・・よし!!

地図が着た!!



・・・・・・・・・わかるか?俺はこの海域は飛んだことがないからな。」

海図は明らかに不明だった孤島を指し示していた。

「待ってください。知人からの情報と重ねてみます。

・・・・・・・・はい、一致しました。

イムズ将軍、この地図の、半径30キロくらいの島です!
今、その島を中心に移します。」

イムズはすぐにその場所をロックした。

「やっと動ける!!マドックス、今度はもっと丈夫な戦闘機を選んで
いくことにしよう。」
「ははっ!!!そうですね~!
あ、でも問題があります。ここ、絶対滑走路無いですよ?!」

「う~~~~ん?!それじゃ、一番近い飛行場はどこだ?!
・・・・なるほどな。ここか。」

それはその孤島から西に10キロは離れた島だった。

「非常にまずいな。ここじゃ、船を出しても3時間はかかる。
・・・・だが今は、この飛行場まで行くしかないな!」

ふたりはすぐに動いた。イムズはこの孤島に到着するのに半日は
かかるだろうと予測した。

これも、予知の範囲内なんだろう・・・・
漠然とした不安が、イムズの胸に去来していた。

俺が行くのを、拒否している・・・・
それは、キングも感じていた。
ここを知られたくない何かがあるのか?

それとも・・・・



ーーーこちらはクィーンとエリック。ーーー

・・・・・・・・・・塔の上の玉座は、太陽の光でキラキラ光っていた。

クィーンが言った。

「ここではね、自由な形で戦えるのよ。

相手のターンとか気にしないでいいわ。

どんどん新しい仲間も呼んでいいの。

ただ、エリックが指示を出さないと、仲間達は何もできないから

指示して動けるようにしてあげられさえすればいいの。

動かせるんなら、100体の仲間を呼んでもいいのよ。

さあ、まだ戦闘を開始しないでいいから、エリック、仲間を

呼んでみたら?」

エリックは驚いて言った。


「すごいや!!!!

それってすごいことだよね!!

じゃあねじゃあね、マジックとマジックガール、召喚!!」


2人が一緒にカードから飛び出して来た。

マジックは目の前のクィーンを見ると、すぐに片膝をついた。

「おおっ?!

これは!!!クィーン!!!なんと光栄なことでしょう!!!

マジシャン冥利につきます!!」

マジックガールはぴょんぴょん跳びながら喜んでいる。

「わあっ!!!!クィーン様だ~~~~~!!!

お会いできて光栄でーーーーす!!!

おもっいっきり戦わせていただきまーーーーす!!!」

クィーンは微笑んだ。

「貴方達でしたか。

エリック、私も召喚しますね。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2014-04-14 00:00 | SFサウザンドアイランド
異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

ナイト                ・・・???  キングの配下のゲームマスター
                            オーディーンのナイト

キング                ・・・40歳   リドル帝国次期総帥
                             仮想無限城の王

クィーン               ・・・???  ゲームマスター
                             予知夢の能力者         




第六十六話 「 クィーン登場 」


巨大イモムシは繭を割って、巨大な蛾になった。

「よーしっ!!!

僕を柱の上に連れてって!!!」

れぜんだちゃんは糸に巻かれて、イモムシのように動いて逃げようと
している。

「ここって面白いなっ!!

これ、ずっと戦闘中なんだねっ!!

見て見て、カネムラ~~~~!!!いいでしょ!!」


「くっそ~~~~~~~~~!!!いいなああああっ!!!」



「どこが?!(怒)」

異口同音にレゼンダとリリアが言った。


「なるほど。れぜんだちゃんが戦闘不能ではないということですね。」
「戦闘不能にできないものかしら。」
「動いていますしね。」
「あれはイモムシよ。」
「結構速いですよ。」
「もうあのままでいいわ。」
「?何か言っていますね。声、拾っておきます。」

れぜんだちゃんのつぶやき。



「・・・・脱皮したい・・・・」




レゼンダは激怒した。

「もう拾わなくていいからっ!!!」
「では私のコレクションにさせて頂きます。」
「しないで頂戴っ!!!!」


レゼンダは火を噴いた。

失礼ながら執事は今日はお腹の調子がとても良いと思った。


巨大な蛾は柱の上の、上層部にある天窓から建物の上へと飛んだ。
そこにある玉座は、ふたつあった。その玉座のある屋上から奥にある
遺跡に、1本の橋が渡っていた。

玉座に座っている人物が、こちらを見た。

「ようこそ。

失われし楽園へ。

私が クィーン。

クィーン シェヘラザードです。」


門にいた大鷲が、その頭上から玉座へと降り立ち、一声鳴いた。

「ふふ・・・・勿論本名じゃないわ。

さあ、遊びましょう。エリック。」





・・・・話は変わり、こちらはイムズとマドックスがテレパシーで会話中。

「 イムズ将軍、クィーンはどうやってそんな侵入不可能な場所の情報を
得たんでしょうか?」
「 わからない。 やはり予知夢だろうとしか・・・・」
「それだけ、ですか?何か、昔そういった話を聞きませんでしたか?」
「誰から?」「キング、とか」
「キングが知ってるくらいなら俺達に頼まないだろう!」
「そうですよね。」

「絶海の孤島。生物の楽園・・・・・


まてよ?!そういやあ、昔、そんな小説を読んだ覚えがあるな!」
「あ、それって、科学者のーーー」
「そうか、結構その辺にヒントがあるかもしれないな!!」






レゼンダは驚愕した。

「クィーンが!!!!!」

執事が慌ててやってきた。

「クィーンですって?!」



リリア達も驚いていた。

「クィーン???こんなに若いなんて・・・・・!!」




エリックは喜んで言った。

「うん!!!!!

ここもバトルしないとクリアできないんでしょ?

僕もこんな場所でゲームしたかったんだ!!!」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2014-04-13 00:00 | SFサウザンドアイランド
平和は いつも研究されねばならない


どこよりも進んだ科学と 人類学と 宗教学
道徳 愛 生物学 文明論 それらの全てで

それら全てがなければ 平和の研究は進まない

感動も刺激も感情も 人間の持つ感覚の一つ

常に混沌から引き出されて 古い意識ともみくちゃに
される


それらの中にあって 一番古いものは 怖れだそうだ

畏れ は 神への畏れであり 

恐れは 潜在的な未知への恐怖であり

怖れは 死への恐怖である


だから宗教はそこを一番に考えるものが多い


そして一番わかりづらいのは 愛かもしれない

だから愛を平和の隣におくのは 間違いだ


愛は

宇宙のひも理論のように 紐でできているのだろう

以前から常に意識しているのは

繋がりについてだ

輪の形では結べないし交わらない

かといって点や球体では 

表面にくっついても でこぼこのように干渉しあわない

遺伝子の形のように

紐であれば それらのつながりは よくわかる気がする

また重力子の形も、次元を飛び越えられるのは紐の形だからだという

愛もまた同じなのか・・・・・


それならわかる気がする

占術でも紐は重要だ



静かな無限

永遠の中にある 夢


研究は続く

平和の位置



人としての


・・・・そういえば

夢はどんな形だったら 納得がいくだろうか

・・・・これはこれで一番謎かもしれない



ああ、それから

映画が未来に残ってゆく条件というのは

感動大作ということだけではないらしい

人間の本質的なもの 性差もまた あるといえる

女性にうけるもの 男性にうけるもの

それらを研究すれば 両方の趣味思考に合うものができるが

さすがにそれは盛り込みすぎになる

よくご存知のように見受けられたが



極端に 片方の性を 悪く描く、または極端に描くのは

確かに賛否両論を呼ぶだろう

それが偏見だということは 大人ならばわかっている

性愛偏重もまた 危ないのは 大人ならばわかっているはず

しかし男性受けするものが製作者側からすれば多いのは

いままでそういうところに男性が多く着ていたからだったのだが

今は映画に男性が足を運ばなくなってきたのだ

人混みが嫌い 並ぶのが嫌い 時間に束縛されるのが嫌い

そんなところではないか

実はそういうことが多くある

そう考えれば 性差がおおきな問題なのだということが理解できるのではないか

プラス。

女性の方が 繰り返し観たいという感情に動かされやすい

友人などに口コミで広げるのが好きなのも女性なのだ


さて。

今はそんなことが大事ではないということもあるが

感動や不朽の名作を考えるのは愉しい

そういうものはいつまでも色あせない

だがそういうものは何十年に1つあるかないか

そんなこともまた理解されることだろう
[PR]
by f-as-hearts | 2014-04-08 00:48 | 祈り
考察する時間があるのはいいことだ。


といっても、この脳は未だ様々な事象を処理できない、出来損ないではある。
すぐに眠くなる。すぐに糖分が足りなくなる。感情は相変わらずいい加減に
途切れ途切れの結果を構築する。想像は創造する為の時間は作れない。
現実に対処するしかない。資料も科学解説書も読みたい。


さて。

平和について。

歴史上一番平和だったのが、微生物が生まれたばかりの地球だったとして
それが数十億年の間続き、酸素というものが混沌とした海から生まれた。

・・・・冗談だが。

だが冗談ばかりではない、人間は生きる強さというものが常に遺伝子の最上階に
存在していたのだから、そういう遺伝子情報を求めるのが本能として、微生物に
おいてもそうだったように、かなりな意味を持つに至った。

この、よりよい遺伝子を自分の子孫に残すという本能は、人間が文明を作る上で
非常に役に立ったということだ。
発明はそれを加速する。科学であれ生物学、物理、数学、文学、体術、スポーツ・・・・
それらはよりよい遺伝子とは何かを考える上で、様々な能力として現れたのだろう。

人間が生物である限り、それらの遺伝子による優位性というものは、均等ではありえず
文化圏の違いによって、また生物学的進化の方向によっても、それらに平等の理念は
精神面のみは普及するかもしれないが、(それもあやしいが)これからも持つことが出来ない
と思われる。

そして、主に平和についての言論で、語られることが精神論に帰着するのも、その為だと
わかる。
上記のように、遺伝子が優位性を求めるのは、生命の根源であり、力、強さが社会性へと
変化した現在においては、社会での優位すらも遺伝子上の優位であるという理論への
飛躍が行われるに至って、人類は均等ではない、平等ではないことは、平和というものが
いかに現実的理論ではないかという証明にもなっている。

平和とは、したがって思想、哲学、理想、詩想、志、芸術、夢、希望などを総動員しても
力と強さを突きつけると、すぐに崩壊するものだと思う。

それが戦争だったのだ。




平和がどのように認識されるかという考察


精神論を闘わせる、というと、ここでもまた論争、闘争の歴史が顔をだす。

それほどに、人類は強さと力を求めるものだからだ。
平和について、も、そうなのだ。
ではどうしてそうなるのかについてだが。

端的にいえば、認識の違いだろうと思う。

平和教育というものが、無い社会では、法律、立法からして国の方向性が違い
宗教によっても、政治によっても、まるでその平和の認識が違うといえる。

言論の自由において、それを自由に話せるということが言論の自由という意味に
とれなければ、ここでも他国への批判に終始して、認識の違いを浮かび上がらせる
のみで、決定的な断絶しか生んでいない。

平らで 和む、ことが平和。

どこも平らにはならず、どこにも和みはないのなら、どこをお手本にするのか。
または、どこの時代を?

微生物か(笑)

つまり知恵の実が、人々を狂わせるのだろう。
でもそれがなければ、美しい世界への扉は開かれなかった。

あとは、人間が言論の自由の、本当の意味を理解することしかないように思う。
そして精神論。

精神論は、人を支配する為にあるのではない。
まあ、夢を創る為に学ぶ、ひとつの道だと思うが、そこをつっこまれても
夢は夢の形があるだろうとしかいえないので、それは多分一生わからないように
思う。


夢はいいなあ。


本当に、夢を自分の世界にしたい。
[PR]
by f-as-hearts | 2014-04-04 00:00 | 徒然