ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

第四十六話 「 ナイトでナイト 」


エリックと周りの声でしか判断が出来なくて、サカマキは少々苛立っていたが
リリアはそれには気がつかないままエリックと話をしていた。

「ナイトが夜の古城を舞台にするっていうのは、どういう効果があるのかしら?
エリック、お化けに聞いてみて?」

「ねえお化け~~~!!夜の古城ってさ、ナイトにどんなプラスがあるの?」
「ぷらす じゃないよな ・・・・よるの おしろに いないやつは だめーじだろ・・・・

・・・・こどもなんて ねてなきゃいけないじかん だろ・・・・だから・・・・・」

「そうだ。

私の城では、子供は恐怖によって制限がかかる。
つまり、エリックは こどもであるだけで毎ターンマイナス100ポイントのダメージを
受けることになる。」

サカマキは唸っていた。
レゼンダも大きくうなずいていた。

「ナイト、そういえば嫌な攻撃といえばナイトって有名よね!」
「・・・・・レゼンダ様。 どちらかといえばお好みでは」
「何かしら?何か言った?」
「いいえ。お好みの紅茶をお淹れ致しましょうか、と。」
「お願い。眠気が覚めるやつで。」
「ではそういうやつ、をお淹れ致します。」


「やっぱ おれ えりっくに ついててやる ・・・おれ つよいやつ きらい
なんだ・・・・おれって やっぱ ふこう・・・・ でもえりっく かつ きでいるのか

やっぱ おばか ちゃん だな・・・・」

「エリック!!どうするの?この勝負、受けるの?」
「うん。だって面白そうじゃん!!!!」
「ははは・・・・・なんだか力が 抜けるよ。相手はナイト。オーディーンのナイト
だろう??どうやって???」

「うん、僕もわかんないんだ~~~!!!
だけどさ、なんか、面白そうじゃない!!!!

よーーーーし!!!お化け~~!!!一緒に戦おうね~~~!!」

「さて、話は済んだようだな?
では古城でのデスマッチ。始めるとしようか。

エリックの勇気を讃えて、先攻か後攻か、エリックが決めてよいぞ!」

「やった~~~~あ!!!じゃあね、先攻でね。

ドローカード!!

あ、そうか~~~~!!!よっし。
僕、もうこのカード使えるんだねっ!!!

じゃ、今度は僕と一緒に戦って、マジック!!!!召喚!!!!」
「うわあ・・・・・もうそのかーど ひいたのか ・・・・まじか・・・・」

カードが変身してマジックが現れた。

「おお、これはこれは。

おおそれながら、貴方様と戦える日がこようとは、思いもよらない幸せです!!!

ナイト様。 エリック、これは貴方に負けたおかげということで、わたくしも感謝
しましょう。では、わたくしも本気モードに入らせて頂きます!!」

マジックはすばやく杖を持つ魔法使いのスタイルに変化した。
「古城に合わせました。こういうスタイルも憧れますね!」

「これは!!!凄い!!!マジックの戦うところが見たいですね!!!」
「そうね、サカマキさん。でも難しいわ、このシステムはよく出来ているから。」
「なんだか、ここにいるエリックの動きが楽しそうだな~~!!いいなあ!!!」

マジックは長い丈の漆黒のマントに中世の時代のような模様の入ったフード、
そして紋章だろうか、杖を持つ手にこの城のマークと、蛇の杖を象った
マークを刻んでいた。エリックはそれをじっと見つめた。

「エリック。気がつきましたか?これが私の紋章です。」
「うん!!凄いや!!!魔法使いって感じ!!!!」
「さて。エリック、他のカードも場に出しますか?」
「うん。それじゃあ、これ!!!!

これを伏せて防御で出しておくね。あとさ、マジック、お城にいるのって
何か、カードで教えて!!!」
「おお、勿論ですとも!」
「わわ・・・・やっぱ ばぐ だ ・・・・・まじっく おしえてやれるのか・・・まじ??」

「それでは私の番でいいのだな?

私はこの城の兵を召喚する。
竜騎兵隊、前へ!!!!」

ザザザッ!!!!

カードが翻ると、そこに竜騎兵隊が一斉に現れた。
それぞれ鎧をつけた竜に乗って、竜槍を構えている騎兵である。

「うわっっ!!!すごいっっ!!!!こんなカード初めて見た!!!」
「素晴らしい騎兵隊ですね!!!流石はナイト様です。」

「それでは開戦だ。竜騎兵隊、敵の魔法使い、マジックを攻撃せよ!!」

竜騎兵は羽ばたいて空中からマジックに向けて竜槍で攻撃を仕掛けてきた。
マジックは攻撃を弾くシールドに守られた。

「え?マジック??そのシールドって何?」エリックは驚いて聞いた。
「はい。

魔法使いですから、直接攻撃には防御シールドが発動します。
ええ、剣を使う腕力が無い分、直接攻撃への防御魔法は、自動で発動します。」

「わわ・・・・・・おれみたいにとくしゅなの とも ちがって べんりだな・・・・・・」
「ええ??もしかして、お化けも、攻撃きかないの??」

リリアが大きくうなずいた。
「 おばけですもんね!!!すり抜けちゃうでしょうね!!
でもマジックのシールドは、知らなかったわ!!」

「それはそれは。
勿論、質問されればお答えいたしますが。先程とは、状況も違いますし。」





「レゼンダ様。

キング様からお電話が入っております。」

「!!

いないって言って。」

「申し訳ございませんが、無理。」

「執事、あなたもこの対戦見たくないわけ??」





「・・・・・・・・・キング様。

はい、レゼンダ様は、たった今お出かけになられました。
はい、お伝え致します。」

「ふふん~~~~~♪ じゃ、これでゆっくりーーー」
「レゼンダ様。

キング様からの伝言です。

今からこちらへ戻る、とのことです。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いぢわる・・・・・・」
「そのようですね。」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(「いぢわる~~~~~~~~~!!」・・・・その通り。
このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2013-07-26 00:00 | SFサウザンドアイランド
異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

第四十五話 「 ナイトの本気 」


ナイトはマジックの呼びかけで、再びエリックの前に現れた。

「・・・・・・そうか。マジックは弱点を・・・・・・

エリック。君は、何が目的なんだ?
ここで、このまま戦って、このダンジョンをクリアしたとして
君は、仲間になりたいと思わないそうだね?」

斬鉄剣を構えたナイト・・・・オーディーンは、エリックにそう尋ねた。

「うん。 僕はレゼンダやナイトとも戦いたいんだ~~~!!」

「それは、本当はありえない。
だが、ここまで来た君が、上の階へ行けるだろうことは、想像にかたくない。

・・・・上層階に行き着くだろう。
仲間になるのでなければ、やはりここで倒すしかないな。」


ーーーナイト様。

キングより伝言がございます。
早急に、そのダンジョンを離脱されますよう。キングのご命令です。

「なんだって?!離脱しろ、というのか??」

ーーーシステムのエラーに巻き込まれる可能性が
あるとのことで、すぐに戻られますように。

「システム・エラーの原因はわかっている。
今その為にここでーーー」

ーーー危険だという認識をお持ちください。
フールの引き起こすことが、大きな要因とのことです。

「だがこのままでは!!!」

エリックはダンジョンに響く声に文句を言った。

「あのさあ!!!ナイトは僕と戦うって言ってるのに、なんで
邪魔するの?!」

その声を聞いて、壁からおばけのニーソックスが現れた。
「ほんとかよ・・・・・・・ないと たたかうのか・・・・・まじか・・・・・・・・
えりっく かてるつもりか・・・・・・むりだろ・・・・・・・」

「むうっっ!!!!ニーソックス!!!!ここにきて
戦えっ!!!!それならここから逃げないだろう?」

「うわ・・・・・・まじだ・・・・・・・・しかたないな・・・・・・・・
まじで たたかうのか・・・・・・・・・うわ・・・・・こわっ・・・」
「おばけが こわいの???」
「おまえほんと・・・・・こわいものしらずなんだな・・・・・・

おばかでほんと おれってふこう・・・・・・・・でもたたかうか」

ーーーナイト様。

キングに報告しますよ?よろしいのですか?

「かまわない。このまま、ここを離れる方が無責任だろう!!」

「ねえおばけ、ナイトってどんなやつ?強い?」
「こわい・・・・・・ほんきのないとは みたことない・・・・・・・

いいのか・・・・・えりっく・・・・・・おまえそんなうれしそうで・・・・・
・・・・・まあ おれも まじ たたかうって・・・・・そうだな

ないとは ないとなんだよ・・・・・・・・・」



「ニーソックス、その通り。

夜の古城、それが私のステージだ!!!!」

狼の遠吠えが響き渡ると、月を背にした古城が背景に浮かび
オーディーンの斬鉄剣の刃が光った。

「エリック!!!勝負だ!!!!!」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2013-07-15 00:00 | SFサウザンドアイランド
異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

第四十四話 「 マジック編 決着 」


オーディーンになってゲームに登場したナイトは、おばけのニーソックスを
探して、ダンジョンを彷徨っていた。
ニーソックスは、ナイトが自分を消去しにきたのを知っていたから逃げ回って
いて、それは本当のことだった。

ナイト、騎士という存在は、王や王妃の為に忠誠を尽くす存在で、王子では
ない。着たのがプリンスならよかったのに・・・・・と、ニーソックスは思った。
キングの息子のプリンスはどこかエリックに似ていたのである。

ニーソックスは壁という壁、天井だろうが床下だろうが、自由自在。
何故かこのゲームで、自分に自由が与えられた意味が、エリックのせいだ
とわかって、それもおばけの特権になって、今ニーソックスは大満足だった。

「ないと・・・・・おこってるな・・・・・・・・おれってふこう・・・・・・
でもまだ あそぶんだ・・・・・・・あそぶんだから・・・・へへ・・・・・」

「ニーソックス!!!!このゲームにもう参加できないようにするぞ!!
それでもいいのか?!」

「・・・・・ないと ・・・・おれをそんなにおどかそうとしても・・・むり・・・・・

おばけだから・・・・・もともと・・・・・・しんでるんだしな・・・へへっ・・・・」

「・・・・・・返事をするんだ、ニーソックス!!!!」
ナイトは壁をガンガン叩いた。
ナイトは怒りのせいで、加減が出来なくなっていた。
ガンッ!!!


そして・・・・こちらエリックとマジックの対戦。

エリックは、見とれていたが、攻撃と聞いてすぐに考え始めた。

「そっか~~~~!!!メタル化ってリリアもそうだけど
鋼鉄の強さなんだよね~~~~!!!

リリア、マジックってすっごく僕のカード、知ってるよね~~!!
全部、見えてるみたいだ!!

・・・・・・・・やっぱり、そうなのかな?



・・・・・僕もドローカード!

うわっ!!これ・・・・・・・どーしよーかなっっ!!!!」


飛空要塞はシルバーメタルドラゴンバハムートの攻撃に押されていた。

「うん。それじゃあいくよ!!!!

増殖のカードで、メタルレディ・アンドロイドリリアが増える。
ワンターンごとに一体増えるんだ~~~~~!!!

フル装備になって、そのままリリアも攻撃!!!
スピードじゃあ、バハムートより速いよ!!!!

いっけえ~~~~~!!!!リリア!!!!!!」

メタルレディ・リリアは飛行モード、そしてマシンガン装填して攻撃を
開始した。その姿は、羽根を持つ戦いの乙女、神話のバルキュリーのようだった。

「なんと!!!増殖、ですか!!

確かに速い!!!ふむ。では今度はこちらのーーーーー」

しかしその声は突然、悲鳴に変わった。

「ぎゃあああああっ!!!!!!


目、目がっっ!!!!!!」マジックは目を押さえて転げまわった。


メタルレディ・リリアは、マシンガンで部屋中の目玉を一掃し、そして
天井にある目玉も打ち抜いていた。




「何が起こったんでしょうか?レゼンダ様?」

「!!!」
「どうされました?」

「マジックの、弱点を~~~~~~!!!!!」



「リリア?目って??マジックの目を狙ったんですか???」
「エリック!!

エリックの思った通りだったのね!!!」



「・・・・・・くくくく・・・・・くく・・・・・・・

エリック、お見事です!!

・・・・・・・いつ、気がついたんですか?」

マジックが聞いた。

「うん、なんか目玉がいっぱいっ出て来たでしょ~~~!!!
その時ね、サービスの目玉って言ってたよね?

そのあとさ、でも本日の目玉じゃないってさ、マジック言ってた。
サービスの目玉はつぶれてもなんともないけど、本日の目玉って
どこにあるのかなあってさ!!!気になってたんだ~~~!!!
マジックが、僕のカードを全部わかってたことも、ね!!」


「これでは・・・・・私の目は見えないので・・・・・
バハムートに指令が出せません。

でもご心配なく。ナイト様にすぐ、代わって頂きますから。

ナイト様、どうぞここでバトルを!!!」

マジックが叫ぶと、今のステージはいきなり消え、マジックはカードになって消えた。




「よくも・・・・・・・・よくも、マジックをっっ!!!

エリック・・・・・・・・やはりあなどれないわ!!!」

「お時間・・・・・・・・ですが、まあ、キャンセルでしょうね。」
「全てキャンセルよ。」
「かしこまりました。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2013-07-04 00:00 | SFサウザンドアイランド
異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

第四十三話 「 次の一手? 」



・・・・・再び ワインバーガーの発表会場。


ワインバーガーはリドル帝国次期総帥に、アンドロイド・グランドクロスが
すぐに製作できることを明言した。

それによりリドル帝国側は、今後実現可能な科学実験、及び帝国側の
提示する宇宙開発へのアンドロイド事業の参入の構想を、早期に計画書
にして送る様、発言をまとめた。

会場を後にした次期総帥キングは、側近に話しかけた。
「・・・・先程の、ワインバーガーの発言、記録は保存してあるな?」
「はい。」「では、あの世界に関する言動の、その真意を調べて、早急に
私に知らせるように。」「わかりました。」

カツン カツン カツン・・・・・・・・

通路の端に、イムズ将軍が立っていた。

「・・・・・イムズ、何か掴めたかね?」
「いえ。 

・・・・どうやら、こちらの考えている、異次元空間の利用の
ことではないようです。」

キングは振り返らずに歩き出した。
少し後ろを歩きながら、イムズはキングが何か思い当たることがあるのだ
・・・・と、漠然とそう思っていた。

( あの話を聞いた時、あきらかに不機嫌になられていたからな。

・・・・しかし・・・・それじゃあ、一体どんな世界のことだ?
異次元なら、少しは理解できるが。

だが、人間皆が、利用するなんてことは、あっちゃいけない場所だからな)

キングは少しだけ、イムズの顔を見た。

「・・・・心配するな。

イムズ将軍の異次元能力、それが皆に理解される日が来ることなど
天地がひっくり返ってもありはしない。

君は、その能力を隠していていい。・・・・そして、我われの為に働いてくれ給え。」

「はっ!」

イムズはまた壁の中に消えた。


キングは電話をかけた。

「・・・・・・そうか。・・・・・・ナイトはどうしている?・・・・・・・・・・・それはシステム上の
不備として 報告するように。・・・・・・すぐに直るかどうかだ。

・・・・・・そうだな。フールのことだ、それぐらいのことで済めば まだ・・・・・・・・・・・
ナイトに戻るように伝えろ。・・・・・・・だめだ。・・・・・・・・・・・・・では・・・・・・・・・・・・・」

執事がキングを待っていた。

「・・・・・・さすがに、私1人では手にあまりそうだ。」

「左様でございますか。では・・・・御呼びになられますか?」
「・・・・・・いや・・・・・もう少し。 あれを呼ぶと、おおごとになるからな。」




・・・・・・・・そしてこちらエリック。

マジックの番である。

「・・・ドローカード! 

わたくしは バハムートに このカードを装着させます!

フルメタルボディのロボットへ変身!!

シルバーメタルドラゴン召喚!!!!

飛空要塞を、攻撃!!!!!」



「 うそっっ?!!

うわああっ!!!!!!かっこよすぎる~~~~~!!!!」




「・・・・・エリック・・・・・・

困ったわ。あの子、本気で見とれてる。」

「うわあ・・・・・・・・・・・・・絶対、見たい対戦だっっ!!!!!」

「あのう・・・・サカマキさん???」



「 !マジック!! 本気ね?」

「・・・・・・・・・・・」

「 次よっ!!!次の攻撃がっ!!!!!」

「・・・・・・・お時間のようです。」

「え?」



・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

( 「時間って?」「はい、レゼンダ様は次のご予定がありますが。」
  「キャンセルしておいて!!」「・・・・・・・・・・・・・」

 このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2013-07-02 00:00 | SFサウザンドアイランド