ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

<   2009年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

鷹島尋   達真  (タカトウジン タツマ)  ・・・16歳  高校1年

山藤(ヤマフジ)所長               ・・・59歳  科学研究所 所長

高ノ宮(タカノミヤ)博士              ・・・37歳  ロボット工学博士

時舟(トキフネ)リエ子               ・・・28歳  高ノ宮博士の助手

鷹島尋   晃太  (タカトウジン コウタ)  ・・・14歳  中学2年


サー・ヴァイズ                    ・・・47歳  サーの称号をもつ科学者
                                    テロリストの首謀者

ヤン老主                       ・・・78歳  アジアの超能力者(予言者)

リ・スウフォン                    ・・・14歳  ヤン老主の小姓

リー大公                       ・・・75歳  中国皇帝一族の末裔




第  7  話    「  敵地へ   」


「・・・元気か?ノーティ?」「うおーーーーーー!!!そ、その声は!!
おいおいおい!!やっぱ生きてたんだ!!サー、なんですぐにおれに
連絡くれねえんだよ??生きてるって誰もー」「待て、落ち着け。・・・大丈夫だ。
私が死んだら、誰かが知らせるだろ?お前はそそっかしいからな」
「おおお・・・本当に、サーなんだな!!・・・・そのやたらときざな声・・・・
おれ、あんたが死んだら世界中の仲間とミサイルぶっ放すって言ってたんだ」
「・・・だろうな。ところで、お前今仕事出来るんだろうな?」
「サー、誰に言ってるんだよ?あんたの相棒は俺一人じゃねえのか?!ええ??
何でも言ってくれ!!!どうしたい?何が欲しい?」

「・・・・・・ああ、そうだな、とりあえず今から言うものを用意してくれ」






香港の港は、沢山の商船や大型船舶でひきもきらず、その合間を縫うように
小型のボートが走り回っていた。
「船はどんな形ですか?」
「・・・今問い合わせてる。リエ子、海保には情報が入っている?」

「100人乗りの船に20人程乗船客があったそうで・・・大型クルーザー・・・・
白い船体にグレーのラインらしいです」「香港には観光目的で?」
「いいえ、接待らしく・・・・・・」
「接待?」「はい・・・・・香港のカジノへ。乗客はどうやら高官だったとか」
「うう~~~~ん・・・・・これは・・・政府が関与してきたら、厄介だな」
所員が答えた。
「・・・情報の漏洩をもっとも恐れているようです。なので、イーグルが出ていく
方がよい、そういう理由らしいです。・・・・・・こちらは、それ以前に政府からの
援助の話ももちかけられていますから・・・駆け引きに使われるかも」
「・・・・・嫌な流れだな・・・」高ノ宮博士は、イーグルのことを考えていた。

レイリー博士は机を叩いた。「サー・ヴァイズ!!!あいつは腐ってる!!
何故、ヤン老主が彼をかばうのか、理解できない!!!」



携帯が鳴った。
「ヤン老主から連絡です、レイリー博士!」「あ、レイリーです。・・・・・・・はい
・・・・・・・はい・・・・・・はい??ええっ・・・それはどういう・・・・・・はい???

駄目です!!!そんなことは許可できません!!
ヤン老主?!!待ってください!!!・・・・・切れた!!」
「どうしたんですか?!」
レイリーは急いで上着を着た。

「ヤン老主は、自分一人で交渉するつもりだ!!わざわざ自分から敵陣に向かうと」
「マジかよ?!俺も行く!!!」「コウタ君は駄目だ!!!私が行く!!」
「いいや・・・・」
高ノ宮博士が割って入った。「レイリー博士は、きっと・・・そう動くだろうと、
サー・ヴァイズに読まれているだろう・・・・・・ミラーショットは、レイリー博士が安全な
ところにいないと・・・・・」

「じゃあ、どうするんだ??ヤン老主が捕まるのを、みすみす見逃すっていうのか??」
「・・・・タツマ君、今ヤン老主のジェット機は見えるかい?そろそろ香港の上空らしいが」
「・・・あ、高ノ宮博士、モニター見てください!あれがそうですよね?」「ビンゴ!それだ!」
「・・・タツマ君、コウタ君、2人ともいいかな?レイリー博士にも協力して頂きたいんです
けどね」


「ほほう!あれがヤン老主が乗ってるジェット機かい?政府の特別機をねえ・・・
・・・・よう、ボーイ。サーの言う通りにおれらジェット機を両方からはさんで、
スペシャルサービスといこうぜ!!!」
もう一機のジェット機のパイロットがあきれたように言った。
「ノーティ、お前、自分も乗ってくるなんて、クレイジーだぜ!!サーが生きてて
嬉しさのあまりイカレたか」
「何とでも言え!!俺はさいっこうに気分がいいんだ!!!!」


「ヤン老主、あれは?」「はい、パイロットさん、あれは我々を誘導してくれます。
なかなかご親切なならず者ですのでねえ、なにか通信に入ってきたら、私が話しましょう」
「・・・・お願い出来ますか?」「ええ、大丈夫ですよ。じきに話してきますから」

「おいそこの、日本の戦闘機!香港にウエルカムだが、いかんな~ここでついさっき
テロが飛行機をジャックしたってニュースだ。あんたたちは、このまま我々の機に付いて
きてもらう。空港は今、テロの検問で他の空港へ行けって大騒ぎだ。ま、我々の軍の基地
だから、ついてこいや」
「それはそれは、誠にご苦労様です。ではよろしくお願い致しますねえ」


「・・・・・・・・博士、ジェット機が2機、ヤン老主の機を 別のところへ連れて行くようです」
「・・・・わかった。気付かれた様子はないか?」
「今のところ、かなり低空にいて、他の鳥と見分けがつかないからわからないと思います」
「よし・・・・・そのまま、そのジェット機を追ってくれ!」「はい!」
「・・・・・・・ヤン老主・・・・一体、何を考えているんですか??」



「あ、あれが基地ですかな?なるほど・・・・今度も探検し甲斐がありそうですねえ」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-30 23:59 | SFイーグル・ゼロ1
・・・・いつも拙ブログにお越しくださいまして ありがとうございます。


さて・・・・今年も 皆様には大変お世話になりました。

 また年末の忙しい時期ではございますが、皆様の来年が良い年と 
 なりますよう・・・・
 幸運が訪れますように、と占わせていただきました。

 1番から15番までで、1つの数字をお選び頂き、それを
 私の過去の記事 「祈り 1」(2009年10月30日分)より
 順に「祈り 15」までに書きました。
 (ブログ内検索という欄が左側にございますので、恐れ入りますが
 そこで「祈り 0」というように検索いただけると出てきます)


 いつもはmoreというところに、「00番を選んだあなた・・・」
 と書いてありますので、よろしければそこをクリックしてご覧ください。


来年が 皆様にとりまして輝ける年となりますよう、お祈り申し上げます。


      AS
 

 
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-27 23:59 | 占いの話
c0031856_19182792.jpg

メリークリスマス



クリスマスケーキの他に
つい可愛いので買ってしまったケーキ・・・・

誰が食べるって


いやいや・・・・

例によって例のごとく
私はお味はわかりません。
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-24 19:18 | 祈り
c0031856_19122826.jpg

クリスマスイルミネーション


まだ皆 仕事の途中
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-24 19:12 | 祈り
c0031856_191016100.jpg

晴天のクリスマスイブ


ビルは鏡になって
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-24 19:10 | 祈り
c0031856_1971538.jpg

階段



これはちょっと変わっていますね。
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-24 19:07 | 祈り
c0031856_14102581.jpg

光と 言葉と



見てみたい風景は
言葉に出来ない
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-23 14:10 | 祈り
リエ子助手は、ある日コウタに捕まった。

「リエ子姫~~~~~!!俺、マウス改造して欲しいんだけどっ!!」
「また面白い事考えて~~~!!今度はどんな理由?ん?アニキとケンカした?」
「あったり~~~~~い!!!大改造でもいいんだけどっっ!!」
「却下」「うわっっ・・・ひでえ~~即答?!」
「どんだけ改造マニアよ?この前の話~~マジ笑い死ぬかと思ったわ!!」
「い~~~~じゃん、ミッキー顔のマウスちゃん♪・・・・なんか新製品ぽくねえ?」

「・・・・・・・何の話かと思えば・・・お前、マジでリエ子さんに土下座!!」
「・・・・アニキになんか、話してないもんね!!リエ子様~~~~!!
これ、見て見て!!!これ、よくねえ?!」

リエ子とタツマはコウタの描いた絵を見た。
「ええっと・・・羽?」「そう」「・・・これ、まさかと思うけど、目からビーム???」
「そうそう!!!だってさ~~~ほうきで殺そうとする女子と戦わなきゃならないんだ!」
「却下、ボツ、無理、不可能。よって本件は破棄させていただきます」
「うわああ~~~~~!!!俺様のマウス大改造計画パート1が~~~~!!!」
「・・・・・・・・・コウタ、ちょっと来い」



「どこの女子がお前を殺そうとするって??」
「悪の手先の女子高生!!つまりアニキの彼女」
「お前なあ!!!彼女じゃねえし」「ええ??だっていっつもタツマ君~~~って・・・」
バコッ!!!「いってええええ!!!」
「お前、今から受験勉強ね。余計なことに頭つかってんじゃねえ!!」
「うっそ~~~~~ん??そんな馬鹿な~~~!!」「馬鹿はおまえだろ」
「・・・・・・・アニキに言われたくね~~~!!」
「それはこっちのせりふだ!!お前にだけは、言われたくねえよ!!」
「・・・・・・くっそ~~~~!!ぜってー見返してやるっっ!!!」
「おお、頑張れ」「頭良くなって、もててやるっっっ!!」「意味わかんねえし」


リエ子助手は高ノ宮博士に訊いてみた。
「博士・・・博士は中学生の頃、どんな夢を持ってました?」
「俺?・・・・・う~~ん・・・・スポーツ選手になりたいとか・・・」
「へえ??意外・・・」「・・・だって、もてそうじゃない?」「・・・・・え?」
「体育の時間とかね、いつも一番走るのが速いやつとかさ・・・もててたでしょ?」
「はい?」「俺はあんまりそういうの得意じゃなかったからな~~!」
「・・・・・・・もてるのが、夢???」「そう・・・・・あれ?だって中学生の頃だろ?
そんなもんじゃない?」「・・・・・・・・・・・・・・・もういいです」



・・・・・・・スタスタスタ・・・・・・・

「コウタ君、これから君の家庭教師、私が引き受けるわ!!」
「わあっ!!!ほんとに??やったっ!!!!リエ子姫~~~~!!!」
「その代わり、君は高ノ宮博士を超えるのよっっ!!」
「はい?姫?それどういう意味?」「いいのいいの、リエ子先生って呼びなさい!」
「ラジャー!!!」「・・・・・・・うわ・・・マジで?リエ子さん、なんか怒ってない?」
「ええ?普通よっっ?普通!!!!」「・・・・・・・・・・・・・・・・・」



(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-22 08:55 | SFイーグル・ゼロ1
鷹島尋   達真  (タカトウジン タツマ)  ・・・16歳  高校1年

山藤(ヤマフジ)所長               ・・・59歳  科学研究所 所長

高ノ宮(タカノミヤ)博士              ・・・37歳  ロボット工学博士

時舟(トキフネ)リエ子               ・・・28歳  高ノ宮博士の助手

鷹島尋   晃太  (タカトウジン コウタ)  ・・・14歳  中学2年


サー・ヴァイズ                    ・・・47歳  サーの称号をもつ科学者
                                    テロリストの首謀者

ヤン老主                       ・・・78歳  アジアの超能力者(予言者)

リ・スウフォン                    ・・・14歳  ヤン老主の小姓

リー大公                       ・・・75歳  中国皇帝一族の末裔




第  6  話    「  サー・ヴァイズの予測   」



「ゼロ1、クルーザーが消息を絶った海上に到着しました。船は、見えません」
「アニキ、海、すげえ荒れてるね!!」「そうだな・・・博士、船の最後の通信って、どれ位
前だったんですか?」「うん、海自からの連絡だったんだが、今から約1時間前らしい」
「今、低気圧がこの海域に近づいているから、もし転覆したのだったら、大きな波のせい
かもしれないわ」リエ子助手が天気図を画面に表示して見せた。

「・・・いや、それは無いだろう」レイリー博士がヤン老主と共にモニターの部屋にやって来て
言った。「ヤン老主、クルーザーは乗っ取られたんでしょうか?」「・・・・・・ええ」

ヤン老主は、香港を指差しながら言った。「・・・クルーザーは、香港に引き戻されています」
「待ってください、そんな情報は・・・」「高ノ宮博士、サー・ヴァイズが関わっているかもしれ
ないんだ。彼なら、やるだろう。ヤン老主、イーグルはどうしたらいいでしょう?」

ヤン老主は目を閉じて考えていた。
「人質の安否が心配ですねえ・・・彼らが要求してくるのは、イーグルと私なので」
所内がざわざわと騒がしくなった。
「本当ですか?!それは!!!」「まさか・・・何故?」

「わからなくはない・・・ヤン老主は超能力者だ。そして、ロボット・イーグルも手に
入れたら、世界で怖いものはなくなるだろう」そう言ってレイリー博士は、奥歯を
噛み締めた。
「どうやって?!イーグルは武器でも兵器でもないぞ?!」






「・・・いわば、世界への威圧です。自国を調べようとするスパイや何らかの動きに
先手を打って、イーグルを飛ばす・・・・そうすれば、何もかも見通したかのように
イーグルが来るだけで、大国が動くぞという、脅しになる」
サー・ヴァイズはリー大公に、ヤン老主とイーグルをどう使うか説明していた。

「それは良い。私の紋章には、鷲が象られている。私の使者が来たと思うだろう」
「・・・・御意。それと・・・これとは別の案件ですが、そちらが成功した場合の報酬は」
「もう動いているらしいな。・・・東のテロリストの総括、だったかね?
デス・サイバーテロの時に約束した、君の国への援助、それでいいかね?」
「ありがとうございます。それで結構です」
サー・ヴァイズは、PCでヤン老主の情報を整理しながら、通信を続けていた。

「リー大公、何故、あなたがこんな危険を犯してまで、私を保護して仕事を
与えるのか、そろそろ教えてくださいませんか?」

リー大公は笑った。
「君には牢獄は似合わない。違うかね?・・・君は私と同じ貴族だ」
「感謝にたえません・・・」

(・・・さすがに、簡単に真相は語らない・・・か。まあいい・・・)
サー・ヴァイズは冷静にヤン老主の次の動きを予測しようとしていた。
超能力だと?つまりは、予測だ。捕捉出来る可能性を99パーセントにすれば、
どんなことも逃れられるわけが無い。
サー・ヴァイズは、自分が珍しく熱くなっているのを感じた。
このゲーム、私の頭脳が、勝つ・・・・

リー大公はサー・ヴァイズがここまで力があるとは思っていなかった。
ただ、最初にサー・ヴァイズがデス・サイバーテロを利用して2つの国を戦争へと
駆り立てる計画を聞いた時に、その狡猾なやり方が自分と似ていると驚いたのは
確かだった。同じ闘いでもヤン大公にはよくぎりぎりでかわされて、そのやり方が
どうにも理解出来なかったが。

リー大公はここにきて、サー・ヴァイズをヤン老主が助けた意味が、わかった気が
していた。
・・・・・・つまり、サー・ヴァイズを私の敵にしたかったのだろう・・・・
ヤン老主は今の・・・私が牛耳る国を、良くは思っていない。それは闘争の歴史から
しても、わかっていた。あの、すっとぼけた老人が、隠居などしていられるものか!
言葉を鵜呑みにする程、私は老いてはいない。

・・・・・そうはいくか・・・・・・サー・ヴァイズは、もう私の飼い犬だ。

「サー・ヴァイズ、君はもっとも有能な私の片腕だ。これからの活躍を期待している」
「・・・・・ありがとうございます」



ヤン老主はレイリー博士、高ノ宮博士にリー大公の事を一切話さなかった。
「私は香港へ向かいます。・・・大急ぎですのでねえ、また私だけ戦闘機に乗せて
頂けないでしょうか?スウフォンはすみませんがここでお世話になっても良いですか?」
「・・・・・本当に・・・そんなことが起こるんでしょうか??」
「はい・・・そうそう、携帯電話というものを用意していただけると、助かります」

「ヤン老主、香港が見えてきました」タツマがモニターを見ながら言った。
「へえ~~~~!!すげえや!船も人も港にいっぱい・・・こっちは天気がいいよ!!」
「おお!懐かしいですねえ・・・・さて、始めますかな」




・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-19 23:59 | SFイーグル・ゼロ1
c0031856_15425283.jpg

花とハープ




このハープは飾りです。

閑話休題・・・
[PR]
by f-as-hearts | 2009-12-18 15:42 | 祈り