ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

武家屋敷にて・・・

c0031856_1951743.jpg



      今日は 武家屋敷へ 行って参りました・・・






「病院のベッドで頑張るこども達へ」更新しました。



c0031856_19512676.jpg








c0031856_19515534.jpg








c0031856_1953254.jpg


       これは鎧ですね・・・2着の鎧が 飾られていました

       写真は 他にもありますが、これが一番目玉ですね・・・



c0031856_2210321.jpg

       <佐倉の武家屋敷> 佐倉市教育委員会文化課資料より抜粋

   武家屋敷の大半は、材料・規模ともに必要最小限に作られています。これは武家屋敷の造作が藩によっておこなわれていることが影響されていると思われます。
また、武家屋敷の規模や様式は、居住する藩士の身分の象徴でもありました。佐倉藩においても、天保4年(1833)に居住の制が定められています。この保存公開されている屋敷は、必ずしもその制度に一致する訳ではありませんが、旧河原家住宅が大屋敷、旧但馬家住宅が中屋敷、旧武居家住宅が小屋敷にあたると思われます。

 三百石以上が大屋敷(39~63坪まで)、百石以上が中屋敷(27~33坪まで)、小知が小屋敷(24坪内外)ということで、門や玄関まで決まりがあったようです。(長くなりますので、省かせて頂きました)

 旧河原家は室内に上がれませんが、他の2軒については上がれました。中屋敷の中に鎧も飾られていました。藁葺き屋根であったことや土間にあるかまどなど・・・とても時代を感じました。
[PR]
by f-as-hearts | 2007-04-17 19:56 | 徒然 | Comments(4)
Commented by くまぱぱ at 2007-04-17 21:43 x
いつだったかの、あの武家屋敷ですね。
屋敷も結構良さそうだし鎧も見事です。
割と身分が上の方の家だったのかな?
Commented by f-as-hearts at 2007-04-17 22:23
くまぱぱさん こんばんは。

はい、そうなんです。今日午後天気が良いうちに行ってきました。
初めて中を拝見させて頂きました。3軒の武家屋敷を復元したり、移築
したりしているようです。武家屋敷の規模についてや、少し詳しい案内
もありますので、上の文に追記致します。

コメントありがとうございます。
Commented by exif at 2007-04-17 23:35
質素ながらも私がよく行く民家とは違う趣がありますね。
もっと色々と載せてみてくださいよ。
Commented by f-as-hearts at 2007-04-17 23:48
exifさん こんばんは。

民家、そうですね~~民家もとてもよいですよね☆
もう少し、写真がありますので、続編を別で載せます。
コメントありがとうございます。