ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

こども病院での写真展 終了~☆

c0031856_12181550.jpg


          こども病院での 「ほっこりぽかぽかどうぶつえん」写真展が
          2月28日をもちまして、無事終了致しました~~~~☆

          こども病院の外来待合室の展示してある壁から写真を外しながら
          「・・・ここは写真が無くなったらどうするんですか?」と伺ったのです
          が、ここは改装するというお話でした。

          子どもたちと保護者の方、お母さん達が写真を見ながら話しをする
          写真展の場所はそんな空間になっていたようです。
          私も、そういう時間にそんな場面に病院へ伺えませんでしたから
          そんなお話をお聞きすると、そういう機会をまたこれからも・・・・・・
          そう思いました。

          担当させて頂いて、本当に楽しかったです。
          そして、また、病院では1度この企画を開催させて頂けましたから
          もう今後は、お話はスムーズにいくようになったようです。
          今後、広い壁などにまた、動物の写真が並ぶ日がくるよう・・・・
          また頑張りたい、そう思いました。

          この日、隣接していますリハビリセンターの担当の方ともお話を
          させて頂くなど、本当に私達の出来る事は沢山ある、そういう
          想いを新たに致しました。

          また、皆様の地域へこの写真展が広がり、病気と闘う方々の
          沢山の笑顔を見られますよう・・・・

          僭越ではございますが、心から祈りたいと思います。


 「病院のベッドで頑張るこども達へ」更新しました。どうぞご覧下さい。
[PR]
by f-as-hearts | 2007-03-02 12:34 | お知らせ | Comments(4)
Commented by rio-dasu at 2007-03-02 13:39
お疲れ様でした。
動物や植物の写真って、見ているだけで心が癒されるし、そこから楽しい会話も生れるから、病院の殺風景な壁にあるとほんとホッとするでしょうね。
私も今日は朝から、総合病院に行って来ました。
待ち時間の長いこと、大人でもいやになります。
あそこに動物の写真があったら・・・と想像しただけで、なんだか
楽しくなりました。
これからもみなさんの活動が広まることをお祈りしています。
Commented by f-as-hearts at 2007-03-02 20:23
rioさん こんばんは。

こうして写真展のお話で病院に伺うようになりまして、
活動のことを思いますと、それはけっして短い期間だけ
写真を観て頂けばよいということではない、そう思いました。
これが普通の写真展との違いでしょうか。
こどもや保護者、親ごさんが、写真から会話が生まれる・・・そういうコミュニケーションも大事な1つでした。
沢山のことに気付くことが出来、とても私は勉強になりました。
ありがとうございます、rioさんもお大事になさってくださいね。
Commented by mToTm at 2007-03-03 00:24 x
写真展、お疲れ様でした。
きっとたくさんの人々がお写真を拝見してくれたんだと思います。
みんなの心がホッコリとするといいですね。(^_^)
Commented by f-as-hearts at 2007-03-03 09:34
mToTm さん おはようございます

ありがとうございます。病院に伺うことが楽しいというと、おかしなことをいう人と思われるかもしれませんが、病院の担当の方にお会いしたり、写真を観てお子さんが一生懸命書いてくれただろうアンケートを読ませていただくと、動物が好きだという気持ちに溢れていて、写真家の皆様にこれからも動物達の可愛い姿や、笑顔になれる写真を撮っていただけたら・・・と思います。
今度、また写真オフ会を企画できたらよいですね。
ありがとうございました。