ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

湖と沼と・・・・生物多様性のことについて

はい、先程 daisakuさんの問いに、まだはっきりとは答えられませんが、今までの印旛沼の歴史と琵琶湖の問題で、重なるところもあるようなので、自分なりにまとめてゆきたいと思います。

ご興味のある方は どうぞご覧下さい。



まず、沼や湖にいた固有種、在来種が、なぜ激減したかということですが・・・

1・琵琶湖もそうであるが、印旛沼もその水を飲料に使うが、田畑や工場用水への利用が不可欠であり、またこの湖沼は閉じられていて、水位によって下流の河へ水を放流するという管理がなされている。昔は(工場や住宅地、田園などがあまり多くなかった頃)それによって、固有種が多く繁殖、そこでの生態系が形作られていたのだが、閉じられているということが、今度は逆に汚染による被害を大きくもしたともいえる。

2・しかし、では水を流れるようにすれば汚染は広がらないか、在来種は守れるかといえば、答えはNOである。なぜなら、もともとこの在来種達は、この緩やかな湖水の中で繁殖(つまり卵を産む事や稚魚が育つ環境)してきたのであるから、河水を導きいれるだけで全てが解決するような、簡単な話ではないのである。そして、それは下流域の問題にもなる(汚染の拡大)し、海まで続く問題でもある。

3・外来種が繁殖した理由について、ブラックバスやブルーギルは人の手によって外国から渡ってきたものであるが、その旺盛な繁殖力、湖水の汚染をものともしないところと、また他の魚を食す(魚食性)ので、在来種はダブルパンチだったという研究結果がでている。


・・・在来種と外来種の関係はそういうことが問題のようです。そして、印旛沼の取り組みの中で、私が所属している「NPO法人印旛野菜いかだの会」の研究と活動は、まず、様々な問題のある沼の水を「植物や生物の力できれいにする」ことを1番に考えています。

その方法は、一番簡潔な説明は「干潟の浄化力」といえばお分かりいただけるかと思います。野菜を水耕栽培(空心菜)するいかだを組み、その根による水の浄化(沼に含まれる過養分の栄養である窒素リンなどを吸収してもらう)そして、その根元には在来種で最近また探し出されたマシジミを育て、やはり養分を吸収してもらう。水が湖底まで澄んできたら、そこに水草をまた植える・・・・

全てが、循環するようになると、そのいかだの野菜の根の周りには、タナゴや川えび、貝類が戻ってきたそうです。そうです、そういう生物がまた、他の生物の食べ物や繁殖の場所になるのです。そうすると、そこには鳥も、もっと大きな魚も戻ってくるのです。それが生物多様性を可能にしているのです。それらがまた、水を活かしていく、そういうことです。

外来種には、そういう食物連鎖がないのです。バスは人も食物として最初繁殖させたのですが、バスを食す大型の猛禽類も、姿を消しています。ですから、増えすぎてどうしても駆除の対象になっています。ですが、他の湖沼では、「釣りの対象・レジャーとしてのバス釣り」を観光の目玉にしていくというのもあるようです。そして、可哀想ではありますが、ブラックバスは、釣られてまた、水に放されたとしても、長生きできないそうです。

・・・人が自分の勝手な都合で繁殖させた動植物です。それを忘れてはいけませんが、環境を変えてもなんとか頑張って生き延びている動植物を、元の湖沼に戻してあげたいですね。

蛇足ですが・・・

最近まで、印旛沼では絶滅していると思われていたマシジミですが、用水の、U字型の小さな側溝のようなところに溜まった泥の中で、生息しているのをいかだの会の方々が発見し、その場所は、保護指定になって農家の方々にもご協力頂き、泥はさらわないでもらうというようになったそうです。かなり沢山発見されて、生物の逞しさや素晴らしさを再確認いたしました。そのマシジミ達が、今 沼をまた綺麗にしてくれているのです。
[PR]
by f-as-hearts | 2007-01-07 14:39 | 徒然 | Comments(2)
Commented by daisaku613 at 2007-01-09 01:37
こんばんわ。
「NPO法人印旛野菜いかだの会」の取り組みは壮大ですね。すばらしいと思います。

琵琶湖は多きすきぎるのでしょうね。そして琵琶湖自体をレジャーの対象とする人たちが多種多様な楽しみ方をする中で、周辺道路の整備なども在来種に影響を与えてしまっているのだと思いますが、外来魚さえ駆逐すればよいというような風潮もあり、ちょっと悲しいです(ブルーギルなんて持ち込んだ人が、えらい人だからあまり話題にされませんが、ブラックバスよりえぐいです)。
Commented by f-as-hearts at 2007-01-09 02:16
daisakuさん、こんばんは。

「いかだの会」の取り組みは、今、国の認めるところとなりました。
理事長は今(1月6日から)ベトナムで講演してらっしゃいます。先程実は、国際電話を頂きましたが、ホテルから
でしたが、あちらの水上生活者のその大きな河の環境を
良くする為の取り組みらしいです。そうですね、壮大な
お話になってきています。

ですから、琵琶湖の環境保全の方々もご存知ではないか、そう思います。全国から問い合わせが理事の元には届いていますから。
まずは、これ以上汚染させない(産業廃棄物や農薬や工場廃水を管理する)それから、ですよね。
やはり、そういうところにはなんらかの対応をしてもらわないと、
今は外来種のせいにしていても、それは本当の解決には
ならないと思います。頑張って皆さんが活動されるとよいですね。