ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

サウザンド アイランド  62

異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

ナイト                ・・・???  キングの配下のゲームマスター
                            オーディーンのナイト

キング                ・・・40歳   リドル帝国次期総帥
                             仮想無限城の王

クィーン               ・・・???  ゲームマスター
                             予知夢の能力者         




第六十二話 「  千年城へ  」


皆が驚いてリリアを見た。

「それは、どういうこと??」
サカマキがエリックの顔とリリアを交互に見ながら、質問した。

「つまり・・・・

エリックの能力を、忘れていたってことなの。
エリックは、見たことのあることは、出来るのよ。

だから、エリックがもしも、このダンジョンに入って、ここと同じものを
みんなに見せたいと思ったら―――」

―――その映像を、PCに投影することも可能、ということですか?―――

「PC、珍しく声のトーンが高くない???」
―――皆さんに合わせてみました。―――

「PC、に映すだけ????

僕、おんなじもの、作れたら作りたいな~~~~!!!!」


皆がその答えに、ぎょっとした。

「まてまてっっ?!
そんなことが出来るって??????」
「あ~~~??カネムラ~~~??出来たらどーする??

そうしたらさ、みんなで遊べるよね~~~!!!!」

今度は、リリアが唖然とする番だった。

「それは!!・・・・考えてもみなかったわ!!!

それは・・・・ちょっと待って。」

エリックは嬉しそうにPCにしゃべりかけている。
「もしさあ、おんなじお城が作れたら、ここにダンジョン出現!!!
だねっっ!!!!」

―――そうなるんでしょうね―――

リリアは今までのことを総括しつつ、仮定を立ててそれを自分の
頭脳の中で検証していた。そして、ひとつの結論に達した。

「エリック。それは危険だわ。

まず、城というと前回同様、巨大なダンジョンだと想定できるわ。
私達は見ていなかったけど、エリックには大体の大きさがわかる
でしょ?
もしもそれを出現させる事が可能な場所を見つけられたとしても
現実には、その中を全て、見てからじゃないと、完成しない。
それは私がエリックを助けたいということとは違う意味になるわ。
エリックが見ている範囲の、ダンジョンの謎を、一緒に考えて
―――」

―――リリア、クィーンからまた新しいメールが届きました。―――

「 愚者 と その仲間達よ。

どのような世界であろうとも 創造主の特権ともいうべき法は存在する。

それを護りそれに則って ゲームを戦うのならば 我に会えるであろう。

愚者よ。

我と戦いたいか?」


「うん!!!!!!」
「そうだろーーーな~~~~!!!」
「はは、そうきましたか。」
「そうね。」

―――結論が出たようですね。―――

「ねえ、PC~~~~!!!僕の返事、クィーンに届けてくれる?」

―――OK。/(・。・)  返信する内容を声に出して言ってください。―――

「 戦いたいよ~~~~!!!

ゲーム大好きなんだ~~!!それで、僕は見たものをみんなに
見せることができるんだけど、それでもいい?」

リリアは頷いた。
「それが一番いい方法だと思うわ。」

―――クィーンのメールです―――


「 愚者の能力を 一部封印するが それでもよいか?



封印するのは 見たものをそのまま取り込む能力。

この戦いで見える全てのものは そちらで再構築できない。

仲間に見せることは許可しよう。」


「もちろん~~~~!!!それでもいいよ~~~~!!!!」


クィーンのメールが続けて送られてきた。

「 ・・・・・それでは・・・・・


 愚者よ。

自分のカードを この前のように 称号を読み込ませるのだ。

すぐに  この城の中へ 導かれるだろう。」



カードの裏面の称号と言われた模様を 上にして PCに読み込ませると
そのカードの上に3Dホログラムのようなエリックが浮かんだ。

エリックの周りから仲間達の気配が消えた。そして極彩色の熱帯植物が
広がる世界が現れた。

「 凄いっっ!!!!!きれい~~~~~!!!!」
エリックは早速、リリアに言った。

「これね、僕、この部屋全体に映してみたいなっ!!!!」
「そんなことが出来るの?」「やってみる。」

エリックは手を広げて、その森の感じることができる奥行きまで
掴もうとするようにぐるっと回った。



あっという間に、部屋の中に透明で奥まで透けている森が出現した。
「うわ   ああああっっ?!」
「すごい!!!!!!!」
「ここは一体・・・・・・実在する場所なんですか???」

―――そのようです。送られてきたメールはかなりのタイムラグが
ありますので、ほぼ地球の裏側ではないかと推測されます―――

「そうだよ、それで場所特定できないの?」

―――それがこの場所は、実在するとしたら検索不可能な場所
なんです―――

「どういうことですか?」
サカマキはそれに興味をもって話そうとしていたが、部屋の中は
次々に見える動物や植物への歓声で埋まっていった。

「カネムラ~~~!!!こっちにあの城が見えるよ!!!

それじゃ、僕行ってみるね!!!」
 

「ジャングルみたいだな!!!エリック、気をつけるんだぞ!!」
「カネムラさん、私たちの声も姿も、エリックには聴こえないと思うわ。


エリック!時計の声は聴こえてる?聴こえたら返事して?」

「うん!!時計大丈夫だよ~~~!!!

凄いなあ~~~~!!!ここさあ、まるでジャングルみたいだ!!!!
触ってみたいなあ!!!!本物みたいだ~~~~~!!!!」

「触れないのは良かったわ。」
リリアは大きな陸イグアナが横切るのを見ながら、言った。
「やっぱりここには映像だけで十分よ!」
「ええ??僕、ここに行きたい!!!!
そーだ、ここの城で勝ったら、この城の場所、教えても~~らおっと!」

「それにしても・・・・この生物達は???なんだか、見たことの無い植物も
沢山ありますね。私はその辺を調べてみます。」
「エリック、もう少しこの森の中を見て廻れる?」

「え~~~~~????

もう少しでお城だよ?!僕、そっちに行きたい。後でもう一度
来ればいいじゃん!!!

じゃあね~~~~!!!」

エリックは気持ちが高まっているのを感じていた。
もうすぐだ!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2014-01-22 00:00 | SFサウザンドアイランド