ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

サウザンド アイランド  55

異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン        ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者

第五十五話 「 謎解きはやはり鍵だったりする 」


キングのメールは簡潔だった。


ーーーフールよ  次のステージで 待つ。ーーー

「やった~~~~~~~~!!!!!!!

次の、ステージがあるって!!!!!!やったあああ!!!!!」

「・・・・・それって、凄く怖いですよね?」「 そうなんだけど・・・・エリックって
そんなこと考えない性格だから。」「そうなんですよね。」

リリアはメールが届いた訳を分析しようとしていた。
「エリック。 さっきまでの戦い、何かおかしくなかった?」
「うん?おかしいって??」
「マジックが言ってたでしょ、バグのせいで、なんでも質問に答えられる
ようになったって。」「そーだ、バグって何?」
「そこも問題ですよね。バグって、つまりー」
「システム上の、エラーが同じゲーム内で存在して、なんらかの障害に
なっている・・・・ということかしら。
本当なら出来ないことが、可能になっていたり、もしくは、出来なくなったり・・・」
「システム制作側の使っていた抜け道っていうことはないですか?」
「それを探していたんだけど・・・・それをできるのは限られた鍵を持つ人のみよ。
皆が持つ物とは、違うらしいの。だから、エリックが持っているカード、それも
特殊、だということになりそうだわ。」
サカマキはその意味に愕然とした。
「エリックがその特別な鍵を???」

そこにカネムラがぼーーっとした顔でやってきた。
「・・・・おはよう ござい ます・・・・」
「おはよ~~~~!!!カネムラ~~~~!!!
僕ね、キングからちょうせんじょうもらったよ~~~~!!!!」
「は??・・・・ちょーーまて、まったくなにがなんだか・・・・・」
「そうね。想像以上に、問題がありそうね。」「私にはどうすればいいのか
まったくわからなくて。ごめんな、エリック!」
「大丈夫っっ!!!!僕にはおばけもマジックもいるからさ~~~!!!」
「ふふふっ」「リリアさん??なんの話ですか?」
「カネムラにも教えてやるよ~~!!へっへ~~~~~ん!!!!」
「むっか~~~~~~~ああああ!!!!

お前になんか、一生聞くもんかっっ!!!!!!」

「・・・・・・すっかり目が覚めたようですね。」「ほんと。」
「それじゃ、カネムラ君、今までの状況をざっくり説明するよ。

エリックは、自分のカードを、カードマスターレゼンダから勝ち取ったよな。
それから、そのカードをリリアと一緒に調べていたら、このカードから
ゲームの中の居城のような、ダンジョンが現れたんだ。
そこには、そのカードの持ち主エリックしか入れなかった。
エリックは実際にそこで、カードバトルをしたんだが・・・・最終的に敵方の
ナイトによってそのダンジョンは破壊されて、終わった。

・・・・いや、ナイトは負けたんだが、結局逃げたんだな。」
「入れるダンジョン???3Dみたいなものですか?」
「体感型、とでもいうのか・・・・エリックには中が、はっきり見えていたらしい。
カードと、シンクロしているとしか思えないんだけどね。」
「エリックにしか、見えない・・・・・・不思議といえば不思議ですね。
・・・・何か、道具があったんですか?」
「いいや。このカードだけだ。」
「それで、中のキャラクターとの会話で、わかったんだけど・・・・
主、というメンバーがそのゲーム世界を創っていた。」

エリックが話したそうにしているので、リリアがうなずいた。
「マジックがねっっ!!!教えてくれたんだ!!

ナイトのオーディーンと、キングが、二人であのダンジョンを壊したんだって!!」
「そうなの?!

それは、ふたりじゃなきゃできなかったっていうこと?」
「うん。なんか、中と外と一緒にじゃなきゃ壊れなかったみたいだよっ!!」
「・・・・・・・・・!

外からの鍵と中からの鍵、両方揃って初めて破壊できる・・・・
主のメンバーの、キングって、一体・・・・・・・・・」リリアは考えているようだった。

「それでねっ!!!今、キングから次のステージで待つって、メールが着たんだ!!
凄いでしょ~~~~!!!!」

「凄い怖い。」「大丈夫だよ~~~~!!!僕にはおばけがついてるもん!!!」
「おばけ???なんのカード???」
エリックはカネムラにカードを見せながら大騒ぎしていた。



ーーーそして、こちらはキングとレゼンダ。

「レゼンダ。

先刻から聞いていたと思うが、クィーンの伝言通りだ。新しいステージの新種は
レゼンダには難しいだろう。
それから・・・・執事、少し席を外してくれないか。」

執事は礼をすると、部屋を出て行った。

「クィーンに会ってくる。」

レゼンダはうなだれるように下を見ていた。

「・・・・君にも、更なる精進を期待する。」

PCの中のナイトが、キングに呼びかけた。

「キング、次は!!!エリックに絶対負けないだけの策があります!!
私を、どうかーーー」

「決めるのは、クィーンだ。」

ナイトも沈黙した。

キングはその部屋を出て、執事に言った。
「 大丈夫だ。たまたま君に、私の知り合いが興味を持ったようだ。
今は、君に張り付いてはいないよ。

・・・・君には、何の落ち度もない。

そうだな、レゼンダに、食事を出してやってくれないか。」
執事はやっといつもの穏やかな顔になって、返事をした。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2013-10-23 00:00 | SFサウザンドアイランド