ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

サウザンド・アイランド    25

異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
                             能力者
エリック・ジェイントン       ・・・5歳    S級会員
                             能力者
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
                            アンドロイド
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・29歳  オーズレーン国
                            カードマスター
                             能力者
イムズ                ・・・47歳   リドル帝国将軍
                             能力者

マドックス              ・・・26歳   リドル帝国空軍兵士 
                             能力者


第二十五話 「 反撃開始 」


異次元でエリックだと名乗ったカード、そして今攻撃を受けて
いる状況・・・・

それらの現象を操っているのがレゼンダだとしたら・・・・・・・
リリアは、レゼンダのその能力の高さに賭けてみたのだ。



「・・・・どうする?

対戦する?」



隣で、サカマキがあっけにとられた顔でリリアを見ていた。

石つぶてが止まった。



「え??


カード、本当に持ってるの?

う~~~~~~ん・・・・・・どんなの?」

「・・・エリックには、渡したわよね?」

「うん・・・・・・・・・・もらったけど・・・・・・・・・・・

リリア、どんなカード持ってるのさ?」

「対戦に、勝ったら、あげるわ。」

「ほんとに?!」

エリックは本心から嬉しそうに笑った。


サカマキはリリアに訊いた。

「な・・・・・・・・何が起こっているんですか??」


リリアはにこりともせず、つぶやいた。

「あのエリックは、レゼンダの最高のカードだわ。
その、能力すべてを、写しこめるらしいから。

つまり、エリックを攻略すればいいのよ。

エリックはPCでその戦い方をレゼンダに知られていた。
ここは、レゼンダのゲーム空間になっているんだわ!」

サカマキは周りをあらためて見回した。

異次元は普通の空間ではないが、可視光線があり、なぜか
普通に地面があったり、空らしきものが見える。

だがほころびのように、様々なものが、空間に出現していた。

「レゼンダは・・・カードマスターでしたっけ?」
「そう。そして・・・称号は魔女だわ。


エリック!

それじゃ、こちらも始めるわよ。

今まであなたが先攻だったんだから、次は私の番でいい?」

「あははは!!

リリア、やっぱりわかっちゃったんだ~~!!

そうだよ、僕の先制攻撃だったんだ~~!!」


サカマキはやっと理解した。

「・・・・・あのエリックは自分で、自分をカードだと言ってた・・・・

つまり、カードバトルだったんだ!!」

「それで、この空間なら、全て実在・実現できるということね。

PCでなら、直接影響はなかったけど。



カードオープン・・・いくわよ!

エリック!

私は、アンドロイドだから、機械系でいかせてもらうわ。

メタルレディ・リリア、フォームアップ&スコープ・フル装備
そしてさらに飛行モード・セット!

両腕にマシンガン完全装着!

このまま攻撃に移る!!」


リリアはあっという間に映画の中のような戦闘ロボットに変身した。
彼女を包む光り輝く金属の曲線が、何故か色っぽい。
サカマキはこれが現実なのか??と、自分の頬を叩いてみた。

リリアは金属の羽を広げて素晴らしい速さでエリックの上空へと
飛んで行き、攻撃を開始した。

ズダダダダダダダ!!!!!!!!

マシンガンが火を吹いた。


エリックはその弾を手を突き出して止めた。

「そんな攻撃、きかないよ~~~~だ!!!!」

エリックはそういうと、メタルレディ・リリアにその弾を
弾き返した。

「これ、きっと弾いちゃうよね~~♪
だって、リリア、メタルになっちゃってるし~~!

かっこいいな~~~~♪」

「そうでしょ?

エリック、あなたのターンよ!」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2012-12-08 00:00 | SFサウザンドアイランド