ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

サウザンド・アイランド    12

異世界の島の物語。



サカマキ・ショウゴ         ・・・28歳   検査員
カネムラ・オクトー         ・・・19歳   研究員
エリック・ジェイントン       ・・・5歳    S級会員
マーマレード・リリア        ・・・20歳   保護委員
ワインバーガー           ・・・60歳   ???
メラニー               ・・・33歳   科学者
長老                 ・・・??    ???
レゼンダ               ・・・??    ???
イムズ                ・・・??    ???


第十二話 「 エリックの冒険(笑) 」


・・・・・・・・翌日・・・・・・・・・

カネムラはエリックにねだられて、根負けした。
実物は手元に無かった為カードゲームのことを、PCで教えた。
対戦型のカードゲームは、それ自体が良く出来たフィールド戦略
を人に想起させる。

・・・勿論、遊びの中でだが。

「これを覚えると、結構頭を使うから、対戦レベルとかも上がるよ」
「でもPCの中だけど~~~!!!
あのでかいカード・・・あんなの、ほんとに出して遊んでみたいな!!」
「あれは遊びじゃないし」「カネムラ~~~~!!!これ、何??
これ、火山とかってさー」「カネムラさんってたまに呼んでくれたら
教えてやるよ!」「カネムラ~~~~~~~~!!!早く、相手のさ
これ、何、何????」「・・・・・・・・・・・・」「いいよーーーだっ!!!」


カネムラは自分の方の報告書をまとめる時間になり、エリックに言って
少し離れた場所で自分のPCで仕事を始めた。

敵・・・敵・・・カネムラは何かがひっかかって、あの男のことを考えていた。
兵士なのか?それにしては余裕があった。何か・・・能力者ではあっても
自分とは違う世界の男だと思った。

・・・どこの国のどこの軍なのか?
わからないことを、箇条書きにして、それは他のファイルに保存した。
書いてみてあらためてその量に驚いた。

わからないことがこんなにある??
自分達が無事にここにいることが、不思議なくらいだと分析してみる。
研究の対象は、いつでも謎から始まっていた。

かれこれ一時間は経っただろうか。エリックが静かに遊んでいるので
カネムラは安心していた。

しばらくそのまま研究用ファイルを作成していたが、そのうちあまりに
静かなので、エリックの様子を見た。


「エリック、PCでの対戦はどうだ?勝てるようになった?」

エリックはじっとしていて、声にも振り返らない。
「?どうした?そんなに面白い・・・・・・・・・


エリック?!



なんだ??この画面は?!
エリック!!!!

おい!!!!!聴こえるか?!

まずい!!!!意識がない????
サカマキさん!!!!リリアさん!!!!!」

大声で叫ぶ声に、2人が慌ててやってきた。

「どうしたの?エリック??」リリアはすぐに脈を測り、その眼を覗き込んだ。
「・・・・・・・!PCの画面を、ずっと観ていたの?」
「そうです、この・・・・・・・カードゲームの」

「カードゲーム??これ・・・・・・変じゃないか??
まるで風景のように見えるけど、これがゲーム??」
「変なんですよ!!!さっきまで普通の画面でカードが並んでいたのに」

「まさか・・・・・・

ゲームの世界に行ってしまったのかしら?」「えええ???」

「・・・・・・・・・ええ、ごめんなさい。

言ってなかったから、わかる訳ないですね。

・・・私がエリックと遊ぶ時は、注意するんですけど、彼は
ゲームの世界を体現できるので、あまりにリアルなものは
遠ざけていました。

・・・PCでは、シュミレーションで時々入り込んでしまうんです。
・・・カネムラさん、ゲームはおかしなところはなかったんですね?
対戦型ですか?」「はい・・・・・・その・・・・コンピューターとの初期対戦で」
「そうですか。

・・・しばらく遊んでいて、気がつかないかもしれません。
私はここで待っています。」

カネムラとサカマキは、唖然としてリリアを見た。
「・・・・・・・・・遊んでいるんですか??PCの中で???」
「はい」


その通りだった。

エリックは、カードの世界で遊んでいた。

「あ~~~!!!カード売りのお店だ~~~~!!!
ええ???これが金貨10枚??高いよ~~~~!!!」
「こっちのカードとなら、トレードしてもいいよ?」

にっと笑いながら、お店の女性が言った。
「それとも、私と対戦してみる?
勝ったら、このカード、あげる」




・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・

(このお話は フィクションです)
[PR]
by f-as-hearts | 2012-06-21 00:00 | SFサウザンドアイランド