ブログトップ

紡ぐ夢 綴る夢

fashearts.exblog.jp

タロット占い師ASのブログです。

星空

・・・・・・徒然なお話です。

よろしければ ・・・・



ここ数年、何度も書いては消していた記事がある。

日の目を見ない記事は、私の場合多々あるのだが、その人はブロガーで、正直、忘れられないし、忘れたくても忘れないだろうと思う。その人はもう他界された。その人のブログは政治的な色合いが濃く、またご本人が重病であることも告白されていて、きっと私のブログを最初からご存知の方は思い出されるかもしれない。
その人はまたキリスト教徒でもあった。コメントに来られた人とあまり上手に返答できなかったせいか、時々苦情も見受けられたが、私は、ブログの記事内容がとても深く、感性があったので、余計なおせっかいをして、苦情を言う他の人とコメントをやりあったりしていた。
ブログは、あくまで個人のプライベートスペースであり、日記であるからには、個人の言論の自由はある。その人はコミュニケーション能力が低かったかもしれないが、とても真摯な言葉で語られていた。その人はいよいよブログを閉鎖しなければならないだろうと言う時期に、誰かがこのブログを引き継いでくれないだろうか、と言われた。しかし、そんな大変な事が、出来る筈も無く・・・今に至る。

昔から多くの作家やアーティストがライバルや相方とも言える関係になりながら、作品でコラボしたり影響を受け合う世界を見るのが好きだ。それらはお互いをちゃんと認め合った関係であって、他人の模倣とは違う。私はこれから自分の夢の世界をどう作っていくか興味がある。きっと夢にはドアがあって、皆の夢のドアは、本当に時々、お互いの言葉や絵や映像や音の鍵が合って開くのだろうな、と思う。何がそこに通じるのか・・・・・・
最初から人と共同で夢を作ってゆくには、信じられる関係が不可欠だろう。それくらい、夢は儚く脆い。
星の彼方には届かない言葉もあるのだ。それは秘密が多い程に嘘を重ねる程に、永遠ともいえる距離になる。それを私は、時々思い知らされる。つまりそれを知るということもまた、人を知るということなのだろうな。
しかし、また私は夢をみるにきまっている・・・・
せめて、信じてもらいたかった。・・・・・・そんな夢を。


・・・・・・・・長々と、駄文でお目汚し致しまして、申し訳ございません。
では、この辺で失礼致します。
[PR]
by f-as-hearts | 2010-01-22 09:12 | 徒然